【卓球】オーストリアOP最終日:伊藤美誠が優勝!女子シングルスでは2019年ツアー初優勝

伊藤美誠は、2019年ワールドツアー4度目の決勝で初制覇(写真はW杯団体)
伊藤美誠は、2019年ワールドツアー4度目の決勝で初制覇(写真はW杯団体)伊藤美誠は、2019年ワールドツアー4度目の決勝で初制覇(写真はW杯団体)

オーストリアのリンツで開催中のITTF(国際卓球連盟)ワールドツアー・オーストリアオープンは、現地時間11月17日、最終日となる大会6日目を迎えた。この日は、男女シングルスで準決勝および決勝が行われ、伊藤美誠(スターツ)が女子シングルスで優勝した。

日本勢で唯一最終日まで勝ち残った伊藤美誠は、準決勝で昨年までU18世界ランク2位の中国の銭天一と対戦。伊藤は4-0(11-6、11-9、11-9、11-6)の快勝で、相手を寄せ付けなかった。

決勝では、同じく中国の強豪、朱雨玲と対戦。世界ランク4位の強敵を相手に、伊藤は11-5で第1セットを先取するものの、第2セットを一進一退の攻防の末、16-18で落としてしまう。伊藤は、ここから落ち込むこと無く、第3セットから3セットを連続奪取。接戦の末に4-1(11-5、18-16、11-7、13-11、12-10)で勝利し、2019年世界ツアーで初優勝を果たした。

伊藤美誠はシングルスでは、これまで2019年の世界ツアーで3度決勝進出していたものの、タイトルが遠かった。4度目の決勝で、今年初優勝となった。

男子シングルスは、中国の樊振東が優勝した。次のITTF(国際卓球連盟)主催の世界ツアーは、中国の鄭州で行われる「ワールドツアー・グランドファイナル」。この大会は、現地時間の12月12日に開幕する。

1年前を振り返る|伊藤美誠:無回転強打で世界の頂点をめざす。平野美宇とのライバル関係は熾烈

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!