【卓球】オーストリアOP2日目|混合複の張本・早田ペア、女子複の石川・平野ペアらが本戦出場

女子ダブルスで石川佳純とコンビを組み、本戦出場を決めた平野美宇(写真は卓球ワールドカップ団体戦)
女子ダブルスで石川佳純とコンビを組み、本戦出場を決めた平野美宇(写真は卓球ワールドカップ団体戦)女子ダブルスで石川佳純とコンビを組み、本戦出場を決めた平野美宇(写真は卓球ワールドカップ団体戦)

オーストリアのリンツで開催されている卓球のオーストリアオープン、大会2日目となる現地時間11月13日には、各種目で予選2日目が行われ、本戦出場選手が決定した。混合ダブルスの張本智和(木下グループ)・早田ひな(日本生命)ペア、女子ダブルスの石川佳純(全農)・平野美宇(日本生命)ら、多くの日本勢が本戦出場を決めた。

混合ダブルス予選2回戦では、張本・早田ペアがオーストリアのペアに3-1の逆転勝利で、本戦出場を決めた。

女子ダブルス予選1回戦では、石川・平野ペアが3-0でオーストリアのペアに快勝。本戦へと駒を進めた。

【注目選手紹介】平野美宇:世界最速の前陣バックハンドカウンタードライブ

男子ダブルスでは、森薗政崇(BOBSON)・吉村真晴(名古屋ダイハツ)ペアがクロアチアとアルゼンチンのペアに勝利し、本戦出場を決めた。張本智和(木下グループ)・丹羽孝希(スヴェンソン)ペアは、ポーランドとベルギーのペアに0-3で敗れた。

男子シングルスでは、吉村真晴(名古屋ダイハツ)と及川瑞基(専修大学)の2選手が本戦出場を決めた。

女子シングルスで本戦出場を決めたのは、木原美悠(JOCエリートアカデミー)、早田ひな(日本生命)、安藤みなみ(十六銀行)の3選手。

翌11月14日からは、本戦が行われる。本戦のトーナメントは、シングルスは男女ともにラウンド32から始まり、ダブルスのは各種目ラウンド16から始まる。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!