【卓球】五輪代表発表:伊藤、石川、張本、丹羽…団体戦メンバーに平野美宇と水谷隼

日本卓球協会(JTTA)は1月6日、Tokyo 2020(東京五輪)の日本代表を発表した。女子シングルスは伊藤美誠と石川佳純、男子シングルスは張本智和と丹羽孝希を選出。団体戦メンバー(3人目)には、女子は平野美宇、男子は水谷隼が選ばれた。平野と張本は初のオリンピック代表。

団体戦メンバーに選出された平野美宇
団体戦メンバーに選出された平野美宇団体戦メンバーに選出された平野美宇

卓球シングルスの出場枠は、1カ国あるいは1地域ごとに最大2。JTTAはシングルスの代表選考に関して、「2020年1月発表のITTF(国際卓球連盟)世界ランキング日本人上位2名をJOC(日本オリンピック委員会)に推薦する」としている。

1月2日に発表されたITTF女子シングルスランキングで、伊藤美誠(スターツ)は3位、石川佳純(全農)は9位、平野美宇(日本生命)は11位。同日発表のITTF男子シングルスランキングでは、張本智和(木下グループ)が5位、丹羽孝希(スヴェンソン)が15位、水谷隼(木下グループ)が16位だった。

団体戦メンバー(3人目)については、シングルス代表選手とダブルスが組め、団体戦でシングルスおよびダブルスにて活躍が期待できる選手を、強化本部が決定。理事会に報告およびJOCに推薦するとしていた。

また混合ダブルスは、水谷隼・伊藤美誠ペアが内定した。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!