卓球

【卓球】全日本選手権3日目:一般の部が開幕、松島輝空はジュニア部門準々決勝進出

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

天皇杯・皇后杯2021年全日本卓球選手権大会が1月13日に3日目を迎え、一般の部が開幕。男子シングルス1回戦、女子シングルス1回戦と2回戦の一部が行われた。Tokyo2020(東京五輪)男子シングルス代表内定の張本智和、丹羽孝希、同女子代表内定の伊藤美誠、石川佳純らは1月15日の4回戦から出場する。

ジュニアの部はこの日、男女5回戦が行われた。張本が持つ最年少V記録「14歳205日」の更新が期待される13歳の松島輝空は、3-1で勝利し、14日の準々決勝に進出。また、同日の一般の部・男子シングルス2回戦にも出場する。

天皇杯・皇后杯2021年全日本卓球選手権大会

結果トーナメント表

天皇杯・皇后杯2021年全日本卓球選手権大会は1月11日から17日まで、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催。新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策を徹底し、無観客で行われている。大会はノックアウト(トーナメント)方式で実施。例年はシングルスのみでなくダブルスも行われてきたが、今大会は一般・ジュニアともに、男女シングルスのみの開催となる。