【卓球】東京オリンピックでビデオ判定を導入。国際卓球連盟が発表

東京五輪日本代表候補選手に選出された伊藤美誠
東京五輪日本代表候補選手に選出された伊藤美誠東京五輪日本代表候補選手に選出された伊藤美誠

国際卓球連盟(ITTF)は1月14日、TOKYO 2020(東京五輪)でビデオ判定を導入すると発表した。

昨年12月に中国・鄭州で行われたワールドツアー・グランドファイナルでビデオ判定が試験的に導入されていた。

ITTFは1月10日と11日にインドのデリーで会合を開き、ITTFの主要大会と東京五輪でTTR(Table Tennis Review)を導入することを正式に決定した。

なお、日本卓球協会は1月6日に東京五輪男女日本代表候補選手の選出を発表している。

1 シングルス代表候補選手2名

男子選手 張本智和(木下グループ) 丹羽孝希(スヴェンソン)

女子選手 伊藤美誠(スターツ) 石川佳純(全農)

2 団体戦代表候補選手1名

※上記1の代表候補選手とダブルスが組め、団体戦でシングルス及びダブルスにて活躍が期待できる選手

男子選手 水谷隼(木下グループ)

女子選手 平野美宇(日本生命)

3 混合ダブルス代表候補選手男女各1名

上記1、2、代表候補男女各3名の選手の中で、最高のペアリングと思われる混合ダブルスペア1組

混合ダブルスペア 水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠(スターツ)ペア

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!