【卓球】オーストリアOPが開幕|混合ダブルスの張本智和・早田ひなペアら、日本勢が予選2日目に勝ち進む

早田ひなは、女子シングルスでも、張本と組んだ混合ダブルスでも予選2日目を戦う(写真は2018年ジャパンオープン荻村杯)
早田ひなは、女子シングルスでも、張本と組んだ混合ダブルスでも予選2日目を戦う(写真は2018年ジャパンオープン荻村杯)早田ひなは、女子シングルスでも、張本と組んだ混合ダブルスでも予選2日目を戦う(写真は2018年ジャパンオープン荻村杯)

現地時間の11月12日、卓球のオーストリアオープンが開幕した。今大会は、1日目と2日目で予選が行われ、3日目以降が本戦となる。予選は、男女シングルスが4回戦まで行われ、男女ダブルスは1回戦のみ、混合ダブルスは2回戦まで行われる。この日は、男女シングルスの予選2回戦までと混合ダブルスの予選1回戦が行われた。

日本勢からも多くの選手が2日目に勝ち進んだ。男子シングルスでは、田中佑汰(愛知工業大学)、𠮷田雅己(FPC)、神巧也(T.T彩たま)、平野友樹(協和キリン)、森薗政崇(BOBSON)、及川瑞基(専修大学)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)の7人が翌日の3回戦に駒を進めた。

女子シングルスでは、加藤美優(日本ペイントホールディングス)、早田ひな(日本生命)、橋本帆乃香(ミキハウス)、長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)、芝田沙季(ミキハウス)、木原美悠(JOCエリートアカデミー)、安藤みなみ(十六銀行)、出澤杏佳(大成女子高校)の8人が予選3回戦進出を決めた。

混合ダブルスでは、張本智和(木下グループ)・早田ひな(日本生命)ペアが、米国のペアを3-0で破り、翌日の2回戦に勝ち進んだ。

【注目選手紹介】早田ひな:東京オリンピック代表を目指す、遅れてきた黄金世代の新ヒロイン

日本人出場選手一覧

男子

張本智和(木下グループ)
水谷 隼(木下グループ)
丹羽孝希(スヴェンソン)
吉村真晴(名古屋ダイハツ)
吉村和弘(東京アート)
神 巧也(T.T彩たま)

森薗政崇(BOBSON)
及川瑞基(専修大学)
平野友樹(協和キリン)
田中佑汰(愛知工業大学)
𠮷田雅己(FPC)
有延大夢(リコー)
田添響(木下グループ)
田添健汰(木下グループ

女子

伊藤美誠(スターツ)
石川佳純(全農)
平野美宇(日本生命)
佐藤瞳(ミキハウス)
加藤美優(日本ペイントホールディングス)
早田ひな(日本生命)wr26位
長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)
木原美悠(JOCエリートアカデミー)
出澤杏佳(大成女子高校)
小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)

芝田沙季(ミキハウス)
橋本帆乃香(ミキハウス)
安藤みなみ(十六銀行)
森さくら(日本生命)
大藤沙月(ミキハウスJSC)

加藤知秋(十六銀行)

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!