卓球

【卓球】ITTF女子ワールドカップ最終日:伊藤美誠が銅メダル

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

ITTF(国際卓球連盟)女子ワールドカップ(中国・威海)は11月10日、最終日を迎えた。女子シングルスなどでTokyo2020(東京五輪)日本代表に内定している伊藤美誠(スターツ)は、準決勝で敗れるも、3位決定戦に勝利し銅メダルを獲得した。

ITTF女子シングルスランキング(世界ランキング)2位の伊藤は、準決勝で同3位の孫穎莎(スン・インシャ/中国)と対戦。2-4(10-12、8-11、6-11、12-10、11-4、4-11)で敗れ、3位決定戦に回った。同日に行われた3位決定戦では、世界ランク25位のハン・イン(ドイツ)に4-0(11-2、11-7、11-9、11-4)のストレートで勝利。銅メダルに輝いた。

優勝は世界ランク1位の陳夢(チェン・ムン/中国)、準優勝は孫だった。同大会には石川佳純(全農/世界ランク9位)も出場していたが、9日の準々決勝で孫に敗れ、敗退した。

ITTF女子ワールドカップ最終日・結果