卓球

【卓球】ITTF女子ワールドカップ2日目:伊藤美誠が4強入り…石川佳純はベスト8敗退

文: 鈴木花 ·

現地時間11月9日、中国の威海で行われている「ITTF(国際卓球連盟)女子ワールドカップ」の2日目が行われた。日本勢の2選手はこの日のベスト16から出場。伊藤美誠(スターツ)は4強入り、石川佳純(全農)は準々決勝で敗れた。

大会2日目・日本勢結果(ITTF公式サイト)

世界ランク2位の伊藤は、1回戦で同16位のチョン・ジヒ(韓国)を4-1(6-11、11-7、11-7、13-11、11-7)の逆転勝ちで破る。準々決勝では、同26位の陳思羽(台湾)も4-1(11-6、11-6、11-7、6-11、11-5)で破り、準決勝に駒を進めた。準決勝では、同ランク3位の孫穎莎(中国)と対戦する。

世界ランク9位の石川は、同23位の韓国のソ・ヒョウオンを相手に4-0(11-8、11-7、11-5、11-4)のストレート勝ち。準々決勝では同ランク3位の孫穎莎(中国)に0-4(6-11、4-11、4-11、7-11)で敗れ、ベスト8で姿を消した。