【卓球】T2ダイヤモンド・シンガポール3日目|張本智和、伊藤美誠が準決勝進出!

準決勝進出を決めた張本智和
準決勝進出を決めた張本智和準決勝進出を決めた張本智和

国際卓球連盟(ITTF)「T2ダイヤモンド・シンガポール大会」が、11月23日に3日目を迎えた。男女ともに準々決勝が行われ、女子シングルスでは、伊藤美誠(スターツ)が、佐藤瞳(ミキハウス)との日本人対決を制した。男子シングルスでも、同様に張本智和(木下グループ)が丹羽孝希(スヴェンソン)との日本勢対決を制し、ベスト4入り。水谷隼(木下グループ)は、中国の林高遠に敗れた。

女子シングルスでは、直近のオーストリアオープンを制し、好調の伊藤美誠が佐藤瞳と対戦。4-0のストレート勝ちで準決勝進出を決めた。準決勝では、今大会の1回戦で平野美宇を破った韓国のチョン・ジヒと対戦する。

男子シングルスでは、張本智和が丹羽孝希と対戦。丹羽に初めの2セットを取られたものの、4セットを連取し、2-4の逆転勝ちを収めた。翌日の準決勝では中国の強豪、世界ランク2位の許昕と対戦する。

水谷隼は、中国の世界ランク3位の強敵、林高遠と対戦。第1セット目を11-3で先取したものの、1-4の逆転負けを喫した。

【期待に応え続けた卓球人生】福原愛:天才卓球少女にとって「夢の夢の夢の夢」だったオリンピック

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!