【卓球】T2ダイヤモンド:丹羽孝希がシンガポール大会に繰り上げ出場

国際卓球連盟(ITTF)公認大会、T2ダイヤモンド2019シンガポール大会の対戦組み合わせが11月19日に発表された。成績上位15名と開催国枠1名の男女各16選手のみが出場できる大会で、21日に開幕。出場辞退者が出たため、丹羽孝希(スヴェンソン)の繰り上げ出場も決定した。

逆転での東京五輪出場を狙う丹羽孝希
逆転での東京五輪出場を狙う丹羽孝希逆転での東京五輪出場を狙う丹羽孝希

丹羽のほか、日本からは張本智和、水谷隼(ともに木下グループ)が出場する。Tokyo 2020(東京五輪)の卓球シングルスは男女とも、1つの国および地域につき最大2名。日本卓球協会(JTTA)は、2020年1月発表のITTF世界ランキング日本人上位2名を、東京五輪代表に推薦するとしている。

T2ダイヤモンドは出場だけで400ポイント、優勝すると1000ポイントが与えられるほか、ITTF世界ランキングの対象となる獲得ポイント上位8大会とは別に加算される。五輪出場権争い(2020年1月時点で有効なポイントで計算)では、水谷が丹羽を60ポイント上回っているが、シンガポール大会の結果は、五輪出場権争いにも影響を与えることになりそうだ。

女子は、日本から伊藤美誠(スターツ)、平野美宇(日本生命)、石川佳純(全農)、佐藤瞳(ミキハウス)の4選手が出場。伊藤と石川は1回戦で対戦する。なお五輪出場権争いは、2番手の平野と3番手の石川の差が65ポイントとなっている。

T2ダイヤモンド2019シンガポール大会の対戦組み合わせは以下の通り。

対戦組み合わせ(男子)

  • シュー・シン(中国)vs.ウォン チュンティン(香港)
  • チョン・ヨンシク(韓国)vs.リャン・ジンクン(中国)
  • ヒューゴ・カルデラノ(ブラジル)vs.丹羽孝希(日本)
  • チュウ・クラレンス(シンガポール)vs.張本智和(日本)
  • リン・ユンジュ(台湾)vs.チャン・ウジン(韓国)
  • イ・サンス(韓国)vs.パトリック・フランツィスカ(ドイツ)
  • ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)vs.水谷 隼(日本)
  • マティアス・ファルク(スウェーデン)vs.リン・ガオユエン(中国)

対戦組み合わせ(女子)

  • ソン・エイサ(中国)vs.チェン・イーチン(台湾)
  • ヘ・ジュオジア(中国)vs.ディン・ニン(中国)
  • チェン・シントン(中国)vs.ユー・モンユー(シンガポール)
  • ジュ・ユリン(中国)vs.ワン・マンユ(中国)
  • 伊藤美誠(日本)vs.石川佳純(日本)
  • 佐藤 瞳(日本)vs.ワン・イーディ(中国)
  • 平野美宇(日本)vs.チョン・ジヒ(韓国)
  • フォン・ティエンウェイ(シンガポール)vs.チェン・ムン(中国)

またT2ダイヤモンドは、試合開始から24分経過後から、次のゲームより5ポイント制となる「24分制」ほか、時間短縮のための独自ルールが設けられている。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!