【卓球】W杯団体戦:男子日本代表は宿敵・中国に完敗…世界一逃す

卓球のワールドカップ団体戦・第4日目が11月9日、東京体育館で行われ、準決勝に臨んだ男子日本代表は宿敵・中国代表に0-3で敗れ、銅メダルが確定した。

中国に0-3で敗れ、銅メダルとなった日本男子代表
中国に0-3で敗れ、銅メダルとなった日本男子代表中国に0-3で敗れ、銅メダルとなった日本男子代表

先行した準決勝では韓国男子代表が台湾(チャイニーズ・タイペイ)を3-0で撃破し、決勝に進出。日本は韓国との決勝を目指し、最大のライバル国・中国との準決勝に臨んだ。

第1試合のダブルスから幸先が悪かった。許昕/梁靖崑ペアに対し、丹羽孝希/吉村真晴は為す術もなく敗戦(6-11、6-11、6-11)。

悪い流れを止めるべく張本智和が第2試合のシングルスに挑むも、中国のエース・馬龍に並び立つ存在である樊振東の前に1本も取れず、ストレート負けを喫した。

逆転勝利への望みをかけ、吉村が中国トップ3のひとり許昕との一騎打ちを挑むも、1本目を9-11で落とすと、2本目も5-11で失った。ここを落とせば決勝行きが消える3本目、吉村は粘りを見せ、11-6で勝利。しかし、喜びもつかの間、4本目は1-11で圧倒された。

日本は準決勝敗退となり、3位決定戦がないことからここで銅メダルが決定した。

日本として初の“卓球団体世界一”は女子代表に託された。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!