卓球ITTFチャレンジ・クロアチアオープン最終日、木原美悠が女子シングルスとダブルスで2冠達成

本戦出場を果たした木原美悠(写真はジャパンOP)は、1回戦で石川佳純と対戦する
本戦出場を果たした木原美悠(写真はジャパンOP)は、1回戦で石川佳純と対戦する本戦出場を果たした木原美悠(写真はジャパンOP)は、1回戦で石川佳純と対戦する

現在クロアチアのザグレブで行われているITTFチャレンジ・クロアチアオープン。現地時間の5月18日に最終日となる本戦の3日目が行われた。

この日は男女ともにシングルス準決勝および決勝とダブルス決勝がそれぞれ行われた。表彰台の独占が決まっていた女子シングルスでは、木原美悠(JOCエリートアカデミー)が優勝した。男子ダブルスでも、戸上隼輔(野田学園高校)・宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)ペアが優勝した女子ダブルスでも木原美悠・長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)ペアが優勝し、4種目中3種目で日本人が金メダルを獲得した。

日本人選手で表彰台の独占が決まった女子シングルスでは、木原美悠が長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)を4-2で破って決勝進出。長崎が2セット先取したものの、木原が巻き返し、4セット連取の逆転勝ちを決めた。

大藤沙月(ミキハウスJSC)と加藤美優(日本ペイントホールディング)の対決では、加藤が4-2で勝利。2セットを先取された大藤は、一時は同点に追いついたものの、突き放された。最終セットまでも連れた決勝は、4-3で木原が接戦をものにした。

男子ダブルスでは、戸上・宇田ペアが決勝でベルギーのペアを3-2で破って優勝を果たした。互いに1セットずつ取り合う際どい試合を制した。

女子ダブルスでは、橋本帆乃香・佐藤瞳(ともにミキハウス)ペアと木原・長崎ペアが決勝で対戦。木原・長崎ペアが3-1で優勝した。木原は、シングルスとダブルスの両種目で金メダルを獲得した。

男子シングルスでは、スウェーデンのアントン・カルベリがスウェーデン勢同士の直接対決を制して優勝した。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!