卓球Tリーグ、日本ハンドボールリーグがCFを開始…映像制作費など調達へ

文: 渡辺文重 ·

卓球Tリーグは7月14日、9月にリモートマッチで開催する「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」に向けたクラウドファンディング(CF)を開始した。また日本ハンドボールリーグ機構もCF「臨場感あるライブ配信へ、日本ハンドボールリーグを変えたい!」を開始している。

オールスタードリームマッチ出場を表明している森薗政崇

■2020 JAPAN オールスタードリームマッチ

Tリーグは9月開催のオールスタードリームマッチに向け、「無料で観戦できるリモートマッチの実現」と最低限の「映像制作費」、「会場設営費の一部」をまかなうため、CFによるファンからの支援を呼びかけている。「スペシャル映像のお渡しや、全選手のサイン入り特別応援Tシャツ、参加選手からのお名前を呼んでもらう世界に1名様だけに向けたスペシャルサンクス動画」など、3000円から20万円のコースを用意。Tリーグの宮﨑義仁理事長補佐は、以下のコメントを寄せている。

「今回『2020 JAPAN オールスタードリームマッチ』の実現に向けたクラウドファンディングを実施します。新型コロナウイルス感染症の影響下で、選手たちも日々不安に立ち向かっています。アスリートとして1日も早くスポーツを通じて皆さんに元気や笑顔を届けられないかと願っています。そして世界一の卓球リーグを目指して立ち上がったTリーグも、今まさに新たな局面に差し掛かってきています。私たちが『2020 JAPAN オールスタードリームマッチ』を開催することで、少しでも皆様の『希望』や『笑顔』に繋がれば嬉しく思います。開催に向け、ぜひみなさん少しでもお力を貸していただけないでしょうか?どうぞ応援よろしくお願いいたします」

今だからこそ卓球で日本を元気にしたい! 「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」9月開催の実現にご協力ください (GREENFUNDING)

■臨場感あるライブ配信へ、日本ハンドボールリーグを変えたい!

日本ハンドボールリーグ(JHL)も7月14日からCFを開始。その目的について「2020-21シーズンも、まだまだコロナ禍の影響が残っているなか、会場にこられなくても、後から見返しても、その瞬間の臨場感が伝わる。そして、映像を見て、子ども達が選手の真似をしたくなる、そして、見たくなる映像を制作配信する」と説明している。コースは3000円から100万円まで。100万円のコースでは、「JHL男女全チームサイン入りユニフォーム(20チーム分)」や「JHL TV内2020-21シーズン全182試合で支援者様としてお名前ご紹介」などが用意されている。

臨場感あるライブ配信へ、日本ハンドボールリーグを変えたい!(READYFOR)