国立競技場OPイベント: ケンブリッジ飛鳥、桐生祥秀が東京五輪出場に向けて決意

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

12月21日に東京・オリンピックスタジアムで行われた「国立競技場オープニングイベント ~HELLO, OUR STADIUM~」。イベントで行われた特別レース「ONE RACE」に走者として参加した桐生祥秀や多田修平、ケンブリッジ飛鳥らは、レースの感想をSNSに投稿した。

国立競技場でレースを行った「ONE RACE」の走者/JSC提供

年齢、性別、障がいの有無で区別しない6人・1チームで行われるレース「ONE RACE」。レースを終えて多田修平は「新国立競技場の開幕イベント楽しかった」と感想を投稿した。同じくレースに出走したケンブリッジ飛鳥は「またここに戻ってこよう!」、桐生祥秀は「またこの場で走る」で走ると、Tokyo 2020(東京五輪)への出場、そして活躍を誓った。

またJAAF(日本陸上競技連盟)は公式Twitter(ツイッター)アカウントにて、特別レース「ONE RACE」に出走した桐生祥秀、小池祐貴、多田修平、飯塚翔太、ケンブリッジ飛鳥、市川華菜、福島千里、土井杏南のメッセージを投稿している。

東京五輪の陸上競技日本代表は、ドーハ2019世界陸上競技選手権大会における成績のほか、2020年に開催される日本陸上競技選手権大会、日本グランプリシリーズプレミア、セイコーゴールデングランプリ陸上2020東京での成績。さらには陸上競技の国際競技連盟「ワールドアスレティクス(WA)」が定めるランキング、参加標準記録などで選考される。なお1種目につき、1カ国最大3選手までの出場となっている。

■特別レース「ONE RACE」

「ONE RACE」は、年齢、性別、障害の有無で区別しない6人・1チームで行われるレースで、組み分け、基本ルールは以下の通り。

基本ルール

  • レースは1チーム6名。各200m×6走=合計1200mの競走。
  • 参加人数は合計24名で、4チーム編成。
  • チーム編成は、健常者、障害者、男性、女性が混合チームを編成。
  • 日本代表チーム、海外選手のドリームチームを結成。
  • フランス・パリ、アメリカ合衆国カルフォルニア州ロサンゼルスのレースと、国立競技場のレースを同期し、リアルタイム中継を行う。
  • バトンは本レース特別仕様の丸型のバトンを使用する。

TEAM JAPAN(RED)@国立

  1. ケンブリッジ飛鳥
  2. 高桑早生
  3. 飯塚翔太
  4. 小池裕貴
  5. 市川華菜
  6. 鈴木朋樹

TEAM WORLD(ORANGE)@ロサンゼルス→国立

  1. ハンター・ウッドホール(米国)
  2. ジェンナ・プランディーニ(米国)
  3. ライ・ベンジャミン(米国)
  4. レイモンド・マーティン(米国)
  5. ヨハネス・フロアーズ(ドイツ)
  6. マールー・ファン・ライン(オランダ)

TEAM JAPAN(GREEN)@国立

  1. 村岡桃佳
  2. 多田修平
  3. 井谷俊介
  4. 土井杏奈
  5. 福島千里
  6. 桐生祥秀

TEAM WORLD(BLUE)@パリ→国立

  1. ムジンガ・カンブンジ(スイス)
  2. リチャード・ホワイトヘッド(イギリス)
  3. キャロル・ザヒ(フランス)
  4. ソフィー・カムリッシュ(イギリス)
  5. ハンナ・コックフロット(イギリス)
  6. ウサイン・ボルト(ジャマイカ)