国立競技場OPイベント: サプライズゲスト・ゆずが熱唱…盛り上がりの中でフィナーレ

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

12月21日に開催されたJSC(日本スポーツ振興センター)主催「国立競技場オープニングイベント ~HELLO, OUR STADIUM~」では、数多くのアスリートやアーティストがオリンピックスタジアムの完成を祝福。フィナーレはサプライズゲスト・ゆずの熱唱で締めくくられた。

フィナーレサプライズゲスト、ゆず/JSC提供

「文化」「スポーツ」「音楽」「エンディング」という4つのパートで構成された同イベントにて、オープニングアクトを任されたのは、文化パート担当の太鼓芸能集団「鼓童」。スペシャルサポーターの松岡修造氏も参加し、太鼓による勇壮なパフォーマンスが披露された。続けて「東北絆まつり」が登場。トラック上で東北の6つの祭りの演舞が次々に舞われた。さらに「OUR SPORTS DAYセレブレーションパレード」も行われ、大いに観客を盛り上げる。そしてJSCの大東和美理事長による開会宣言が行われた。

鼓童のオープニングアクトにスペシャルサポーターの松岡修造氏も参加/JSC提供
東北6県の伝統行事が集結した東北絆まつり/JSC提供
OUR SPORTS DAYセレブレーションパレード/JSC提供
日本スポーツ振興センター大東和美理事長が開会宣言/JSC提供

スポーツパートでは、Special Thanksとしてサッカー選手・三浦知良がサッカーボールを持ち、アスリートとして初めて新国立競技場のピッチの立つ大役を担う。その後に登場したのは、Special Thanksである15人制ラグビー日本代表のリーチマイケル、中村亮土、田中史朗。スーツ姿のリーチマイケルは、先のラグビーワールドカップ日本大会における応援に謝辞を述べた。

音楽パートではDREAMS COME TRUE、嵐がパフォーマンスを披露。TBS系列により生中継された特別レース「ONE RACE」には、100メートル走と200メートル走、400メートルリレーの世界記録保持者であるウサイン・ボルト氏ほか、Tokyo 2020(東京五輪)での活躍が期待される桐生祥秀らが走者として、国立競技場のトラックを走り抜けた。

DREAMS COME TRUEは「決戦は金曜日」などを披露/JSC提供
嵐は「A・RA・SHI」などで観客を盛り上げた/JSC提供

そしてエンディングパートには、フィナーレサプライズゲストとして「ゆず」が登場。出演者や観客がスマートフォンのライト機能で2人を照らす中、「栄光の架橋」を熱唱。オリンピックスタジアムが一体感を醸し出す中、「国立競技場オープニングイベント ~HELLO, OUR STADIUM~」はフィナーレを迎えた。