土居美咲は初戦敗退...S.ウィリアムズはシャラポワ下し2回戦進出 | 全米オープン1日目

土居美咲の初戦突破はならなかった
土居美咲の初戦突破はならなかった土居美咲の初戦突破はならなかった

アメリカ・ニューヨークで開幕したテニス全米オープンは、現地時間27日にシングルス1回戦各試合が行われ、女子シングルス世界ランク108位の土居美咲は同9位のマディソン・キーズ(アメリカ)に5-7、0-6で敗れ、1回戦敗退となった。

第1セットの第2ゲームでブレークを許した土居だったが、直後にブレークバック。その後はお互い譲らない展開が続くが、第12ゲームで再びブレークを許し、土居は5-7で第1セットを奪われる。第2セットに入ると流れは一気にキーズへ。土居は第2セットで1ゲームもキープすることができず、0-6で第2セットを落とし、ストレートでの1回戦敗退となった。

大会初日最大の注目カードとなったセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ、世界ランク8位)対マリア・シャラポワ(ロシア、世界ランク87位)の一戦は、前回大会ファイナリストのウィリアムズが6-1、6-1で勝利し、2回戦進出を決めた。

また、世界ランク2位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)はザリーナ・ディアス(カザフスタン、世界ランク80位)に1-6、6-3、6-2で逆転勝利を収め、初戦突破。世界ランク3位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)は、テレザ・マルティコバ(チェコ、世界ランク138位)を7-6(6)、7-6(3)で退け、2回戦へと駒を進めた。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!