大船渡・佐々木はロッテ、星稜・奥川はヤクルト、明大・森下は広島へ|プロ野球ドラフト会議2019

高校生の奥川、佐々木、石川への指名が競合した
高校生の奥川、佐々木、石川への指名が競合した高校生の奥川、佐々木、石川への指名が競合した

10月17日(木)、プロ野球のドラフト会議が行なわれ、多くの注目を集めた大船渡高校の佐々木朗希4球団が競合し、ロッテが交渉権を獲得した。星稜高校の奥川泰伸は3球団競合の末ヤクルトが、明治大学の森下暢仁は広島が単独で交渉権を勝ち取った。また、東邦高校の石川昂弥も3球団が競合し、中日が交渉権を引き当てた。

各球団の一巡目指名は以下。

■読売ジャイアンツ

堀田賢慎(投手/青森山田高)

■横浜DeNAベイスターズ

森敬斗(内野手/桐蔭学園高)

■阪神タイガース

西純矢(投手/創志学園高)

■広島東洋カープ

森下暢仁(投手/明治大)

■中日ドラゴンズ

石川昂弥(内野手/東邦高)

■東京ヤクルトスワローズ

奥川恭伸(投手/星稜高)

■埼玉西武ライオンズ

宮川哲(投手/東芝)

■福岡ソフトバンクホークス

佐藤直樹(外野手/JR西日本)

■東北楽天ゴールデンイーグルス

小深田大翔(内野手/大阪ガス)

■千葉ロッテマリーンズ

佐々木朗希(内野手/大阪ガス)

■北海道日本ハムファイターズ

佐々木朗希(投手/大船渡高)

■オリックス・バファローズ

宮城大弥(投手/興南高)

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!