天皇杯優勝のヴィッセル神戸、元独代表FWポドルスキ「クラブにとって重要なタイトル」

Tokyo 2020(東京五輪)のメイン会場となる国立競技場で行われたJFA(日本サッカー協会)第99回全日本選手権大会決勝。元日に天皇杯を掲げたのは、ヴィッセル神戸だった。元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは「クラブにとって重要なタイトルだ」と、その意義を強調した。

最前列で横になって喜ぶポドルスキ
最前列で横になって喜ぶポドルスキ最前列で横になって喜ぶポドルスキ

ポドルスキはポーランド出身の34歳。ケルンやバイエルン・ミュンヘンといったドイツ・ブンデスリーガ所属クラブなどで活躍した後、2017年にガラタサライ(トルコ)から神戸へ移籍する。ドイツ代表として2014FIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップ・ブラジル大会の優勝に貢献するなど、多くのタイトルを獲得してきたポドルスキだが、「神戸25年の歴史で初めてのタイトルということで本当にうれしい。クラブの歴史に、自分たちの名前を刻めたと思うし、クラブとしても重要なタイトルになったと思う」と語った。

「きょう勝ったことで全てが終わるわけではない。もちろん先があるので、きょうはみんなで祝杯を挙げるが、前を向いて鍛え直します」と語るポドルスキだが、自身の契約について聞かれると「まだ何も決まっていない。数日後にはドイツへ戻るので、ゆっくりドイツで将来のことを考えたい」と述べた。

天皇杯決勝で、鹿島アントラーズを2-0で下した神戸は、2020シーズンのAFC(アジアサッカー連盟)チャンピオンズリーグ(ACL)グループステージへの出場権を獲得。ACLグループステージでは水原三星(韓国)、広州恒大(中国)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)と同組になる。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!