女子ゴルフ・スタンレーレディス初日:2日目中止決定のなか、渋野日向子は25位タイで決勝切符確保

25位の渋野日向子は、30位タイまでのカットアウトという開催最悪ラインを超えて決勝入りを確保
25位の渋野日向子は、30位タイまでのカットアウトという開催最悪ラインを超えて決勝入りを確保25位の渋野日向子は、30位タイまでのカットアウトという開催最悪ラインを超えて決勝入りを確保

女子ゴルフ国内ツアー「スタンレーレディスゴルフトーナメント」が10月11日に静岡・東名カントリークラブで開幕し、全英女王の渋野日向子は25位タイとなった。また、大会は台風19号接近の影響により縮小開催が発表された。

過去最大とも呼ばわれる台風19号が日本に迫るなか迎えた初日、渋野はいきなりボギー。4番と5番をバーディで締めたが、得意のバウンスバックとはならず、3バーディ、2ボギーの「71」、1アンダーとなった。

今大会、台風19号の影響により、初日が雨で一時中断になっただけでなく、2日目は中止に。36ホールに短縮され、初日47位タイまでの62選手が決勝に通過したが、最終日13日のコース状況によっては最大で30位タイまでカットアウト、27ホール開催に再短縮される可能性もある。渋野は25位タイで決勝確定ラインを超えた。

首位は、黄アルム(韓国)が「65」の7アンダー。5アンダーで追う菊地絵理香と篠原まりあが2位となった。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!