ゴルフ

【女子ゴルフ】ミヤギテレビ杯 2日目:渋野日向子は15位に浮上、首位は比嘉真美子と辻梨恵に

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
2日目は仲の良い大里桃子(左)、臼井麗香(右)とのペアだったこともあってか渋野の調子も上向いた

9月28日、宮城県の利府ゴルフ倶楽部(6505ヤード、パー72)で開催中の女子ゴルフ「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」は2日目を迎え、渋野日向子は49位から15位へと浮上した。

開幕の初日、同じ黄金世代の畑岡奈紗との初ペアながら、49位と出遅れ、予選落ちの危機にあった渋野。この日はバーディ3、ボギー1で前半を折返した。後半、2番でバーディ、3番でボギー、4番ではバーディと安定しないプレーが続いたものの、ラストの9番をバーディで締めた。終わってみれば6バーディ、3ボギー、通算1アンダーの15位タイとなり、決勝ラウンドへ進んだ。

初日首位だったペ・ソンウが「75」を叩いて9位に後退したことで、この日のトップは、通算8アンダーの比嘉真美子と辻梨恵に入れ替わった。畑岡奈紗が通算7アンダーで3位で追うなか、首位と7打差となった渋野の2週連続大逆転優勝があるのか見ものとなる。