女子ゴルフ・リコーカップ最終日|ペ・ソンウが優勝 賞金女王は鈴木愛

ツアー最終戦まで賞金女王を争った渋野日向子(左)、鈴木愛(中)、申ジエ(右)
ツアー最終戦まで賞金女王を争った渋野日向子(左)、鈴木愛(中)、申ジエ(右)ツアー最終戦まで賞金女王を争った渋野日向子(左)、鈴木愛(中)、申ジエ(右)

12月1日、国内女子ゴルフツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」(優勝賞金3000万円)最終日が宮崎カントリークラブで行われた。大会前の時点で賞金ランキング3位の渋野日向子は2位タイでフィニッシュ。今大会5位タイの鈴木愛が2019年の賞金女王となった。

先週の「エリエールレディスオープン」で逆転優勝を果たし、賞金女王への望みをつないだ渋野日向子は、首位と2打差の3位で最終日をスタート。3バーディ1ボギーでスコアを2つ伸ばし、トータル7アンダーの2位タイで今大会を終えた。大会前賞金ランク2位の申ジエはトータル4アンダーで7位タイだった。

賞金ランク1位の鈴木愛はこの日6つのバーディを奪うなど4アンダー。イ・ボミとともにトータル5アンダー5位タイでフィニッシュ。渋野と申ジエの結果により、2年ぶりの賞金女王に輝いた。

優勝したのは1打差2位から出たペ・ソンウ(韓国)。最終日は6バーディ1ボギーでトータル11アンダーとし、2位の渋野と古江彩佳に4打差をつけての優勝となった。ペ・ソンウは日本ツアー参戦1年目で初の国内メジャーのタイトルを手にしている。

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ上位成績

優勝/-11:ペ・ソンウ
2位T/-7:渋野日向子、古江彩佳
4位/-6:河本結
5位T/-5:鈴木愛、イ・ボミ
7位T/-4:申ジエ、ペ・ヒギョン、岡山絵里

2019年国内賞金ランキング

1位:鈴木愛(日本) 1億6018万9665円
2位:渋野日向子(日本) 1億5261万4314円
3位:申ジエ(韓国)1億4227万7195円

※最終結果

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!