女子ゴルフ・日本女子OP最終日:畑岡奈紗が最年少国内メジャー4勝達成、渋野は7位

海外で戦う畑岡との経験値の違いをまたも思い知る結果となった本大会の渋野日向子
海外で戦う畑岡との経験値の違いをまたも思い知る結果となった本大会の渋野日向子海外で戦う畑岡との経験値の違いをまたも思い知る結果となった本大会の渋野日向子

国内女子ゴルフメジャー第3戦「日本女子オープンゴルフ選手権」の最終日が10月6日、三重県のココパリゾートクラブ白山ヴィレッジゴルフクラブ・QUEENコース(6479ヤード、パー72)で行われた。畑岡奈紗が史上最年少の国内メジャー4勝を達成。渋野日向子は7位で終えた。

海外メジャーで戦う畑岡奈紗が9月の「日本女子プロ選手権 コニカミノルタ杯」に続き、国内メジャー2連勝を挙げた。

首位タイ発進だった畑岡は、6バーディ、3ボギーの「69 」、通算18アンダーで回り、大里桃子ら2位グループに4打差をつけての貫禄優勝。本大会制覇は2016、17年に続く3度目。さらに20歳266日で国内メジャー通算4勝目となり、これまでの最年少記録だった樋口久子の24歳31日を大きく更新した。

首位争いに加わりたかった渋野日向子は、6位スタートだったものの、1バーディ、1ボギーの「72」の通算9アンダーと振るわず、7位で終えた。

2位(通算14アンダー)は大里桃子、岡山絵里、前年覇者のユ・ソヨン(韓国)、5位は高橋彩華、ペ・ヒギョンだった。

16歳のアマチュア・梶谷翼(兵庫・滝川第二高)は、通算6アンダーの9位に食い込み、見事ローアマチュアを獲得した。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!