ゴルフ

【ゴルフ】ANAインスピレーション最終日:畑岡奈紗が躍進、7位でフィニッシュ…渋野は51位タイ、河本は69位タイ

文: 鈴木花 ·

米国カリフォルニア州のランチョ・ミラージュで行われている『ANAインスピレーション』は、現地9月13日に最終日を迎えた。前日から調子を上げていた畑岡奈紗が、通算9アンダーまでスコアを伸ばし、7位タイで大会を終えた。米ツアー初挑戦となった渋野日向子は『78』を叩き、通算2オーバーの51位タイ。河本結は通算7オーバーの69位タイで大会を終えた。

前日『67』でホールアウトし、14位まで順位を上げた畑岡は、この日も出だしから好調。1番から3連続バーディを奪い、3バーディ1ボギーで前半を回る。後半は辛抱強くパーを重ねながら、終盤までスコアを維持した。15番にバーディを奪うものの、16番にボギーを叩く嫌な流れになりかけたが、17番をパー、18番にバーディできっちりと締めくくった。この日は5バーディ2ボギーの3アンダーでホールアウトした畑岡は、通算『-9』の7位タイの好成績で大会を終えた。

同じく前日に『67』の高スコアで順位を21位にまで上げていた渋野は、この日の後半に大きく崩れた。2番でバーディを奪う好スタートを切ったかに見えたが、3番でボギーを叩く。前半はこのまま1バーディ1ボギーで折り返したが、後半の10番でボギーを叩くと、調子を崩した。13番にはダブルボギーを叩くなど、4ボギー1ダブルボギーで後半を終え、トータル『78』でホールアウト。通算2オーバーの51位タイで米国初挑戦を終えた。

前日58位だった河本は、この日はインの10番からスタート。15番から18番まで4連続ボギーを叩き、前半は5ボギー。後半は調子を取り戻し、7番にはバーディを奪った。この日トータルで1バーディ6ボギーの6オーバーでホールアウトし、通算7オーバーの69位タイに終わった。

優勝は、韓国のイ・ミリム。この日3位からスタートしたイ・ミリムは、首位と2打差で入った最終18番ホールでイーグルを奪い、15アンダーとする。前日まで首位だったカナダのブルック・ヘンダーソン、米国のネリー・コルダと並び、プレーオフに回る。プレーオフでは、1ホール目で優勝を決めた。イ・ミリムにとって、米国ツアー3勝目、メジャー初制覇となった。