女子ゴルフ LPGAツアーチャンピオンシップ 日程&放送予定|渋野日向子、鈴木愛ら賞金女王争いの行方は?

賞金女王決着戦…鈴木愛の逃げ切りか、渋野日向子の大逆転か?

国内女子ゴルフツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」が、宮崎カントリークラブで11月28日から行われる。鈴木愛、申ジエ、渋野日向子が賞金女王争いが決着する大注目の大会だ。ここでは、国内メジャー大会の1つLPGAツアー選手権リコー杯の日程と放送予定を紹介する。

先週の大王製紙エリエールレディスオープンを逆転で制した渋野日向子 
先週の大王製紙エリエールレディスオープンを逆転で制した渋野日向子 先週の大王製紙エリエールレディスオープンを逆転で制した渋野日向子 

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ結果記事

第1ラウンド:初日|渋野日向子が3位タイで好発進 鈴木愛は10位タイと出遅れる
第2ラウンド:2日目|渋野日向子は3打差3位T、鈴木愛と申ジエは17位T
第3ラウンド:3日目:逆転での賞金女王を狙う渋野日向子は2打差の3位
第4ラウンド:最終日|ペ・ソンウが優勝 賞金女王は鈴木愛

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ大会日程&放送予定

11月28日(木):第1ラウンド

<CS放送>

11月29日(金):第2ラウンド

<CS放送>

11月30日(土):第3ラウンド

<地上波>

<CS放送>

12月1日(日):第4ラウンド

<地上波>

<CS放送>

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップとは?

11月最終週に宮崎県の「宮崎カントリークラブ」で実施されている日本女子プロゴルフ協会(LPGA)主催のトーナメント。同大会はワールドレディスチャンピオンシップ(5月)、日本女子プロゴルフ選手権(9月)、日本女子オープン(10月)と並び、国内4大大会(メジャー大会)の1つで、国内女子ツアーのシーズン最終戦にあたる。

本大会の出場資格は同年の女子プロゴルフツアーの優勝者及び賞金ランキング30位以内の選手のみに与えられる。4日間、予選落ち無しで32選手が参加する。今大会には鈴木愛、申ジエ、渋野日向子ら賞金女王争いを繰り広げている3選手に加えて、歴代チャンピオンのイ・ボミ、テレサ・ルー、ジョン・ミジョンが出場する。また、原英莉花、河本結、勝みなみ、上田桃子などの参戦を予定している。

なお、今年の優勝賞金は3000万円で、賞金総額は1億2000万円となっている。

国内賞金女王争い

先週のエリエールレディスOPを終え、1位の鈴木と3位の渋野の差が約1500万円となった。エリエールレディスOP終了後の賞金ランキング上位は以下の通りとなっている。

1位:鈴木愛(日本) 1億5302万5665円
2位:申ジエ(韓国) 1億3803万7195円
3位:渋野日向子(日本)1億3791万4314円
※2019年11月27日時点

国内女子ゴルフツアーは本大会「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」1戦のみ。同大会は優勝賞金3000万円と高額賞金の大会となっており、順位変動の可能性は残されている。世界ランキングおよびオリンピックゴルフランキングへの影響もあり、LPGAツアーチャンピオンシップは注目の大会となる。

2019年度国内賞金女王条件

鈴木愛は今大会で単独2位以上なら無条件で賞金女王となる。申ジエと渋野日向子は賞金女王になるためには2位以上が最低条件で、残り2人の結果次第で賞金女王に輝く可能性がある。3人の賞金女王の条件は以下の通り。

鈴木愛

  • 単独2位以上→無条件

申ジエ

  • 優勝→鈴木が3位以下
  • 単独2位→鈴木が10位以下&渋野が3位以下

渋野日向子

  • 優勝→鈴木が3位以下&申が2位以下
  • 単独2位→鈴木が10位以下&申が3位以下

注目の選手

鈴木愛

1994年5月9日生まれ、徳島県出身。「三菱電機レディスゴルフトーナメント」、「TOTOジャパンクラシック」に続いて「伊藤園レディスゴルフトーナメント」を制し、ジム・ミジョン(韓国)以来2人目となる3週連続優勝を達成した。ツアー最終戦を前に、賞金ランキングでもトップに立っている。

渋野日向子

1998年11月15日生まれ、岡山県出身。AIG全英女子オープンで優勝し注目を集めた後も、安定した成績を残して獲得賞金を伸ばす。先週の「大王製紙エリエールレディス」では逆転優勝を果たし、賞金女王争いに再び名乗りを上げた。今大会では、持ち前の積極的なゴルフで頂点を目指す。

チケット情報

【前売り券】

  • 1日券:3000円(税込)
  • ペアチケット:4000円(税込)
  • 4枚綴り券:6000円(税込)

【当日券】

  • 3000円(税込)

※18歳以下と70歳以上は入場無料。

各チケット販売の詳細はこちら

アクセス情報

【電車・飛行機】

  • 宮崎ブーゲンビリア空港(宮崎空港)から会場まで無料送迎バスを運行(約5分)。

【自動車】

ゴルフ場の駐車場は使用不可となっており、指定のギャラリー駐車場から無料ギャラリーバスを運行(約10分)。ギャラリー駐車場は以下。

  • 宮崎県総合運動公園駐車場(土日に限り有料・1日300円)

※大会運営者は会場へのアクセスについて周辺道路の混雑が予想されるため、公共交通機関の利用を推奨している。

アクセス情報詳細はこちら

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!