【女子サッカー】なでしこJAPAN、最新のFIFAランキングで10位…アジア2番手に浮上

なでしこJAPAN、FIFAランキングでアジア2番手に浮上
なでしこJAPAN、FIFAランキングでアジア2番手に浮上なでしこJAPAN、FIFAランキングでアジア2番手に浮上

13日、FIFA(国際サッカー連盟)は女子代表チームの最新世界ランキングを発表した。

日本代表、なでしこJAPANは前回発表の9月と同様の10位を維持している。アジア1位は7位のオーストラリアで、日本はアジア10位で2番手。前回までアジア2番手の9位だった北朝鮮は11位に順位を下げたこともあり、アジア3番手だった日本は今回のランキングでアジア2番手に浮上した形になる。

なお、ランキングは1位アメリカ、2位ドイツ、3位オランダ、4位フランス、5位スウェーデン、6位イングランド、7位オーストラリア、8位カナダ、9位ブラジル。日本はそれに続く10位となっている。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!