【女子サッカー】2020年は東京五輪まで国内で3試合を予定…高倉監督は金メダルに照準

なでしこジャパンの高倉監督
なでしこジャパンの高倉監督なでしこジャパンの高倉監督

日本サッカー協会(JFA)が2020年に予定している各日本代表の年間スケジュールを発表した。

東京オリンピックが控えている女子日本代表、なでしこジャパンは2月の合宿で始動となり、3月にはシービリーヴス杯参戦のため、アメリカに遠征。

4月と6月に国際親善試合を予定しており、東京五輪の開幕となる7月は6日より合宿に入り、16日にサンガスタジアムで国際親善試合を行う。そして22日から東京五輪を迎えることになる。

女子日本代表の高倉麻子監督はJFAでの会見の席で「盛大な乾杯ができるように一生懸命頑張っていきたい」と、金メダル奪取に向けての気概を示している。

オリンピックにおいて女子サッカーが公式種目となったのは1996年アトランタ大会から。これまで日本は4度出場し、最高位はロンドン大会の銀メダルとなっている。母国開催の五輪で、それを上回る成績を残すことができるのか、期待が集まる。

  • 男子サッカー名勝負:BRA vs ESP | モントリオール1976

    男子サッカー名勝負:BRA vs ESP | モントリオール1976

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!