スキージャンプ

ノルディックスキー世界選手権、女子ジャンプ団体で日本は6位...ドイツが初代女王に輝く

高梨沙羅ら日本チームは6位だった

ノルディックスキー世界選手権でオーストリアで現地時間26日、スキージャンプ女子団体が行われた。

日本チームは伊藤有希、岩渕香里、丸山希、高梨沙羅で挑み、1回目は6位だった。2回目でも挽回できずに、806.1点で6位となり表彰台を逃した。優勝は898.9点のドイツで、オーストリアとノルウェーが続いた。

女子団体はワールドカップで昨季から導入され、世界選手権では今回が初めての開催となった。27日には、スキージャンプ女子個人が行われる。