女子トライアスロン上田藍、2カ月ぶりラン「東京五輪に向けてレベルUPしたい」

女子トライアスロンの有力選手の1人、上田藍(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター)が9月4日、自身のSNSを更新。2カ月ぶりにランニングを行ったと明かした。

復帰が待たれる上田藍
復帰が待たれる上田藍復帰が待たれる上田藍

上田は京都府京都市出身、1983年10月26日生まれの35歳。リオデジャネイロ五輪では39位に終わったものの、今季はITU(国際トライアスロン連合)トライアスロンワールドカップで2勝するなど、好成績を記録していた。しかし、Tokyo 2020(東京五輪)の日本代表選考対象大会の1つ、TU世界トライアスロンシリーズ(WTS)・ハンブルグ大会(7月)で左足を負傷。8月に東京で行われたITUワールドトライアスロン・オリンピッククオリフィケーションイベント(東京OQE)も、出場を回避していた。

上田は「まだぎこちない走りですが、心の中はめちゃくちゃテンションが上がっています」と投稿。「この調子で焦らず着実に、競技復帰に向けて、そして2020東京に向けて、回復&レベルアップをしてきたいと思います」と、東京五輪出場に向けての決意を示した。

View this post on Instagram

Two months have been passed since I had an injury.I restarted running today.🏃✨ #PlanterFasciaRupture #rehabilitation #gettingbetter🤗 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ・ 今日、足底腱膜断裂から2ヶ月ぶりに走ることができました。まだぎこちない走りですが、心の中はめちゃくちゃテンションが上がっています😊 ・ 皆様から頂いた応援メッセージにとてもとても力をもらいました☺️ありがとうございました🤗☀️ ・ この調子で焦らず着実に、競技復帰に向けて、そして2020東京に向けて、回復&レベルアップをしてきたいと思います。 #超回復 #競技復帰に向けて #更なる進化に向けて #日々勉強💪✨ #感謝

A post shared by Ai Ueda (@ai_love_tri) on

東京五輪の日本代表は、開催国枠として男女ともに2枠を確保(最大3枠)。東京OQEの3位最上位1名が第1優先候補となるが、該当者はなし。第2優先候補は、東京OQE、ハンブルグWTS、そして2020年3月開催のアブダビWTSの6位以内となる。現時点で第2優先候補も該当者はおらず、上田藍はアブダビWTSで好成績を残せば、東京五輪出場への道が開くことになる。

なお日本代表選考の状況は、ハンブルグWTSで15位の高橋侑子(富士通)が第5優先候補(選考対象大会13位~16位)として、最も優位な状況にある。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!