【女子マラソン】ブリジッド・コスゲイが16年ぶりに世界記録更新、2時間14分4秒

アメリカ合衆国イリノイ州で現地時間10月13日に開催された「シカゴマラソン」で、マラソンの世界新記録が達成した。新記録を樹立したのは、女子の部にエントリーしたブリジッド・コスゲイ(ケニア)。その記録は2時間14分4秒で、16年ぶりの記録更新となった。

ブリジッド・コスゲイが世界新記録を樹立
ブリジッド・コスゲイが世界新記録を樹立ブリジッド・コスゲイが世界新記録を樹立

24歳のコスゲイは、初マラソンとなった2015年のポルト・マラソン(ポルトガル)で優勝。シカゴマラソンには2017年に出場して2位、昨年は優勝を飾っていた。IAAF(国際陸上競技連盟)も、記録更新のニュースを公式サイトで掲載。「コスゲイの記録は、エリウド・キプチョゲ(ケニア)が“2時間切り”を達成した翌日に達成された。コスゲイの記録は、キプチョゲとは異なり、公式レースで遂げられた」と記した。

コスゲイが記録を破るまでの世界記録保持者は、ポーラ・ラドクリフ(イギリス)。2003年4月のロンドンマラソンで記録された2時間15分25秒だった。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!