女子レスリング・吉田沙保里が現役引退を表明。「選手生活に区切り」

吉田沙保里が現役引退を発表。
吉田沙保里が現役引退を発表。吉田沙保里が現役引退を発表。

女子レスリング・吉田沙保里(36)が8日、自身のSNSで現役引退を発表した。

吉田は8日午後、自身のSNSに「いつも吉田沙保里を応援していただきありがとうございます。 この度、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました。 ここまで長い間、現役選手として頑張ってこれたのも沢山の方々の応援とサポートのおかげです。 みなさん、本当にありがとうございました」と投稿。

また、その後の投稿で「また後日、改めてみなさんの前で引退のご報告と感謝の気持ちをお伝えしたいと思います」と引退報告の場を設ける意向を示した。

吉田は2004年アテネ五輪、2008年北京五輪、2012年ロンドン五輪で女子レスリング55kg級3連覇を達成したほか、個人で世界大会16連覇と個人戦206連勝を記録し、"霊長類最強の女"という愛称で親しまれた。

2016年リオ五輪では53kg級で銀メダルを獲得すると、その後は女子日本代表コーチに就任し、実戦からは遠ざかっていたため2020年東京五輪に向けた去就が注目されていた。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!