ラグビーフットボール

女子7人制ラグビー日本代表が8月25日から熊谷で合宿開始

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
7人制ラグビー女子日本代表(写真はリオ五輪)

日本ラグビーフットボール協会(JRFU)は8月22日、Tokyo2020(東京五輪)に出場する、女子7人制(セブンズ・デベロップメント・スコッド/SDS)日本代表候補の合宿スケジュールとメンバーを発表した。合宿は8月25日から27日に熊谷で行い、非公開で実施する。

■女子SDS合宿概要

スケジュール

  • 日程:8月25日~8月27日
  • 練習場所:熊谷

メンバー

  • 大黒田 裕芽(ARUKAS KUMAGAYA)
  • 香川 メレ優愛ハヴィリ(ARUKAS KUMAGAYA)
  • 小笹 知美(北海道バーバリアンズディアナ)
  • 鈴木 陽子(ARUKAS KUMAGAYA)
  • バティヴァカロロ・ライチェル海遥(ARUKAS KUMAGAYA)
  • 横尾 千里(ナナイロ プリズム福岡)

女子セブンズ日本代表候補 熊谷合宿実施のお知らせ(JRFU公式サイト)

■7人制ラグビーについて

オリンピックにおけるラグビーは、リオデジャネイロ五輪から7人制(セブンズ)が正式種目として採用されている。一方で、15人制は1900年代初頭のオリンピックでは実施されていたが、現在は実施種目となっていない。セブンズ日本代表は開催国枠により、男女とも東京五輪の出場権を獲得している。