寺本明日香「最後まで諦めず体操人生を貫き通す」アキレスけん断裂を報告

体操の寺本明日香(ミキハウス)が自身のSNSを更新。味の素ナショナルトレーニングセンターで行われたナショナル強化合宿中の2月6日に左足のアキレスけんを断裂、7日に手術を行ったと報告した。Tokyo 2020(東京五輪)に出場できるかは不明としながらも、引退を否定している。

SNSを通じて強い決意を語る寺本明日香
SNSを通じて強い決意を語る寺本明日香SNSを通じて強い決意を語る寺本明日香

寺本は2012年のロンドン五輪、2016年のリオデジャネイロ五輪に出場するなど、日本の体操界をけん引。2019年10月にドイツ・シュツットガルトで開催されたFIG(国際体操連盟)世界選手権では、東京五輪の団体総合出場枠確保に貢献していた。

寺本は「誰がなんと言おうと最後まで諦めずに自分の体操人生を貫き通そうと思ってます」と表明。ただし、東京五輪の日本代表選考大会となるW杯シュツットガルト大会(3月22日)、W杯東京大会(4月4日)、第74回全日本体操競技個人総合選手権大会(4月17日開幕)、5月末の第59回NHK杯には出場できないとも記している。

View this post on Instagram

ニュースで知った方も多いと思いますが、しっかりと自分の言葉で今の状態、心境をうちあけます。 2020年2月6日、味の素ナショナルトレーニングセンターでナショナル合宿中、床の蹴りで左足のアキレス腱断裂しました。2月7日に即効、手術してもらいました。 なんの予兆もなく不意の出来事でした。切った瞬間、あー体操人生楽しかったな、もう頑張らなくていいんだって思いました。目の前にあった東京五輪の光が全く見えなくなり、現実をのみこんで諦めないと自分がおかしくなりそうでした。「もう無理です」ずっと繰り返し言ってました。「引退」その時はそれしか私の頭の中にはありませんでした。でも、周りは違った。私が引退への道に進もうとしたその線路を変えてくれました。いや、むしろ引退完全阻止w術後一日目からストレッチポールと倒立バーを差し入れで持ってきてくれて、逆算したトレーニングメニューを作ってくれる、、なんと恐ろしき鬼コーチ達❤もう笑顔になっちゃいますね~🤣笑。私の気持ちはいとも簡単にそっちに切り替わりました(笑)だから、、、私、本当は諦めずに最後まで体操やりたいんだなって分かった。なにより、皆が待っててくれてた、私より諦めてない周りの方々に胸がいっぱいになりました。 全日本やNHK杯、初戦だったドイツW杯や東京W杯は出場はできません。東京五輪も出れるか分かりません。切った瞬間は絶対引退しようと思った。でも今は誰がなんと言おうと最後まで諦めずに自分の体操人生を貫き通そうと思ってます。そして最後の大きな壁に立ち向かっていきます。あたたかく見守っていただければ幸いです。たくさんのメッセージありがとうございました。自分のペースで自分なりにコツコツと頑張ります。 ミキハウス/レジックスポーツ 寺本明日香 ・ ・ ・ ・ I tore of the left Achilles tendon training of FX on Feb 6th.And I had surgery on 7th. I cannot believe and too shocked....I thought that "finish my gymnast life",''Retire gymnast" and "Impossible Tokyo OLY" when tears. But everyone told me "Its still too early for you to give up!".So,my feeling have changed "I will not give up till the end." I probably cannot have competition 🇩🇪🇯🇵World Cup,All Japan and NHK Cup. Tokyo OLY also....But I have to overcome a lot of big challenges to make my dream come true.Never Give Up till the end. I wanna tell everyone my feelings on my own. Thank you for reading my poor English🙇‍♂️

A post shared by 寺本明日香 TERAMOTO Asuka,OLY (@teramoto_asuka) on

一方、日本体操協会(JGA)が1月18日に公開した「2020東京五輪日本代表選考方法(女子体操競技)」には、東京五輪のチーム枠4名のうち1名の選出に関して、以下のように記されている。

2019年6月24日から2020年6月23日までに開催された東京五輪に関わる予選競技会の成績をみて、チーム貢献度を考慮し、女子強化本部長がチーム枠代表1名を推薦する場合がある

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!