【対戦国チェック】ラグビーW杯・日本代表の準々決勝の相手、南アフリカってどんなチーム?

日本で開催されているラグビーワールドカップ2019。史上初のベスト8進出を果たしたブレイブブロッサムズ(ラグビー日本代表)の準々決勝の対戦相手は南アフリカになった。2度の優勝を誇る「スプリングボクス」とは一体どんなチームなのか?

強靭なフィジカルが特長の南アフリカ代表
強靭なフィジカルが特長の南アフリカ代表強靭なフィジカルが特長の南アフリカ代表

■準々決勝 日本代表vs南アフリカ代表の試合日程

10月20日(日)19時45分試合開始 @東京スタジアム(東京都)

<地上波>

<BS放送>

<ネット配信>

■日本代表が対戦する南アフリカ代表とは?過去のW杯成績は?

チームの愛称は「スプリングボクス」。スプリングボクスはガゼルに似た哺乳類で、南アフリカを象徴する動物だ。またグリーンを基調とし、イエローのアクセントが鮮やかなユニフォームの左胸には、国花「プロテア」をあしらったエンブレムが描かれている。

世界ランキング5位。W杯は不参加だった最初の2回を除き、7大会連続7回出場で、優勝は2回。前回イングランド大会は「日本がジャイアントキリングした相手」として知られているが、その成績は3位。2連覇を達成したニュージーランド代表とは準決勝で激突し、名勝負を演じたこと(18-20で敗退)は、ラグビーファンの記憶に新しいはずだ。

一時は不振にあえいでいたが、戦略家のヨハン“ラシー”エラスムスがヘッドコーチに就任すると、チームはさらなる進化を遂げることとなる。チームの特長は、屈強なフィジカル。肉体的な強さを前面に出した戦い方をしてくる。フォワードの突進力、そして激しいディフェンスで、3大会ぶり3回目の優勝を狙う。

■南アフリカ代表、これまでの戦い

プールB 2位(勝ち点15)

  • ● 13-23 vs ニュージーランド
  • ○ 57-3 vs ナミビア
  • ○ 49-3 vs イタリア
  • ○ 66-7 vs カナダ

前回イングランド大会に続き、初戦で黒星を喫するも、その後は3連勝。勝ち点15で、同16のニュージーランドに次ぐ2位で、準々決勝進出を果たした。

■南アフリカ代表の注目選手

マルコム・マークス(ライオンズ)

185センチ、107キロ。ポジションはフッカー(HO)。25歳にして“世界最高のHO”との呼び声も高い。スクラムでの強さは当然として、自身でボールを運び、トライを奪うこともできる。W杯終了後は、ジャパンラグビー・トップリーグのNTTコミュニケーションズ・シャイニングアークスへ所属することが決まっている。今大会はイタリア戦でトライを1つ記録。

シヤ・コリシ(ストーマーズ)

186センチ、99キロ。ポジションはフランカー(FL)。28歳で主将を務める。同国初の黒人キャプテンとして注目されるが、その統率力は疑いようがない。視野が広く、運動量も豊富。前回イングランド大会にも出場している。今大会はナミビア戦でトライを1つ記録。

ハンドレ・ポラード(ブルズ)

189センチ、98キロ。ポジションはスタンドオフ(SO)。25歳。正確な右足のキックは、スプリングボクスの得点源の1つ。今大会でも、コンバージョン5つ(成功率63パーセント)、ドロップゴール1つ(成功率100パーセント)、ペナルティゴール3つ(成功率75パーセント)の合計22得点を記録している。

■日本対南ア、過去の対戦成績は?

2015年9月19日 日本代表 34-32 南アフリカ代表
@ブライトンコミュニティースタジアム[ラグビーW杯イングランド大会]

2019年9月6日 日本代表 7-41 南アフリカ代表
@県営熊谷ラグビー場[リポビタンDチャレンジカップ2019]

日本代表と南アフリカ代表が初めて対戦したのは、2015年9月19日。ラグビーW杯イングランド大会における“ブライトンの奇跡”が、初対戦だった。

この時の日本はW杯通算1勝、18試合連続で未勝利。対する南アフリカは、世界ランキング3位で優勝候補の一角だった。日本は7分、五郎丸歩のペナルティゴール(PG)で先制(3点)するも、17分にはトライとコンバージョンを決められて7失点。しかし、29分にリーチ・マイケルがトライ。五郎丸がコンバージョンを決め、日本は再びリードを奪う。32分、南アフリカがトライ。コンバージョンは成功せず、日本は10-12と2点のビハインドで前半を終える。

後半開始直後、日本は五郎丸のPGで13-12と再びリードを奪う。その後、トライとコンバージョンを決められるも、五郎丸が2回のPGを成功させて19-19とする。その後、互いにPGを1回ずつ成功させて迎えた61分、南アフリカがトライとコンバージョンを決める。対する日本は7分後、五郎丸がトライ。自身でコンバージョンを成功させ、29-29と追いすがる。南アフリカは72分にPGを成功するも、78分に1人がイエローカードを提示されてシンビン。数的有利となった日本は、交代出場のカーン・ヘスケスが80分にトライ。34-32で、日本が奇跡の勝利を収めた。

その4年後、日本はW杯直前の壮行試合として、南アフリカを熊谷ラグビー場に招くこととなる。二度目の対戦は、7-41で日本の大敗。松島幸太朗が1トライ、そして田村優がコンバージョンを決めるにとどまった。“ブライトンの奇跡”の浮かれた雰囲気が吹き飛ぶ黒星。この手痛い教訓が、W杯本戦の快進撃を支える原動力の1つとなったことは間違いない。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!