山の神・神野大地、マラソングランドチャンピオンシップに向けてケニアで合宿中

Tokyo 2020(東京五輪)のマラソン日本代表選考レース、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が9月15日(日)に開催される。そうした中、出場選手の1人・神野大地(セルソース)が練習風景を自身のSNSに投稿した。

ケニアは国土の大半が1000mを超える高原
ケニアは国土の大半が1000mを超える高原ケニアは国土の大半が1000mを超える高原

青山学院大学時代、箱根駅伝第5区で活躍。上り坂で圧倒的な力を見せつけ“3代目山の神”と呼ばれた。神野は2018年と2019年の東京マラソンで、平均2時間11分以内を記録。ワイルドカードでMGC出場権を獲得している。

「今週も全メニューやりきった!ケニア合宿もあと2週間!」と、ケニアでのトレーニングに手ごたえを見せる神野。明治神宮外苑発着で行われるMGCでの活躍が期待される。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!