川井梨沙子が伊調馨に勝利、レスリング世界選手権日本代表が決定

6日、レスリング世界選手権の日本代表選考プレーオフが行われ、伊調馨との注目対決を制した女子57kg級の川井梨沙子ら、6選手が世界選手権の出場権を獲得した。

世界選手権出場を決めた川井梨沙子
世界選手権出場を決めた川井梨沙子世界選手権出場を決めた川井梨沙子

注目の集まった五輪4連覇中の伊調馨とリオ五輪金メダル川井梨沙子による女子57kg級は、伊調が終盤に追いつき3-3としたものの、ビッグポイントの差で川井が勝利。世界選手権への切符を勝ち取った。女子50kg級では、入江ゆきが須﨑優衣を6-1で退け、世界選手権初出場を決めた。

男子フリースタイルでは、乙黒拓斗、奥井眞生、荒木田進謙がそれぞれ65kg級、74kg級、125kg級で世界選手権出場権を獲得。また、男子グレコローマン77kg級は屋比久翔平が3年連続の世界選手権出場を決めた。

結果は以下の通り。

女子

  • 50kg級 入江ゆき(自衛隊)○ 6-1 ●須﨑優衣(早大)
  • 57kg級 伊調馨(ALSOK) ● 3-3B ○ 川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)

男子フリースタイル

  • 65kg級 乙黒拓斗(山梨学院大)○ 5-0 ● 樋口黎(日体大助手)
  • 74kg級 藤波勇飛(ジャパンビバレッジ)○ 4-5 ● 奥井眞生(自衛隊)
  • 125kg級 荒木田進謙(Athletic camp LION)○ 4-1 ● 山本泰輝(自衛隊)

男子グレコローマン

  • 77kg級 小路直頌 (自衛隊) ●Tフォール、5:55=9-0 ○ 屋比久翔平(ALSOK)

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!