市川海老蔵出演 東京2020公式文化プログラム・"KABUKI×OPERA「光の王」"公演概要を発表

KABUKI×OPERA「光の王」に出演する市川海老蔵
KABUKI×OPERA「光の王」に出演する市川海老蔵KABUKI×OPERA「光の王」に出演する市川海老蔵

12月24日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、東京2020NIPPONフェスティバル主催4プログラムのひとつ、テーマ「大会に向けた祝祭感」、"KABUKI×OPERA「光の王」"の公演概要を発表した。本公演は2020年4月18日に行われ、歌舞伎俳優・十一代目市川海老蔵氏らが出演する。

本公演には市川海老蔵氏のほか、ソプラノ歌手のアンナ・ピロッツィ氏、バス・バリトン歌手のアーウィン・シュロット氏が出演し、オペラを迎えた歌舞伎公演が行われる。公演の詳細に関しては、2020年1月下旬に記者発表会が実施され、鑑賞チケットの発売などが発表される予定となっている。

市川海老蔵氏も24日、自身のブログを更新。公演の詳細は後ほどお知らせするとしているが、「精一杯つとめたい」と投稿した。

市川海老蔵氏ブログ

公演概要

公演名

  • KABUKI×OPERA「光の王」Presented by ENEOS

日時

  • 2020年4月18日(土)17時~(予定)※1回限り

場所

  • 東京体育館(住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目17-1)

内容

  • オペラを迎えた歌舞伎公演

出演者

  • 十一代目市川海老蔵(歌舞伎俳優)
  • アンナ・ピロッツィ(ソプラノ歌手)
  • アーウィン・シュロット(バス・バリトン歌手)ほか

演出

  • 藤間勘十郎(宗家藤間流八世宗家)

指揮者

  • ジョルディ・ベルナセル

オーケストラ

  • 東京フィルハーモニー交響楽団

東京2020NIPPONフェスティバルとは

2020 年3月下旬から9月にかけて実施する、東京2020大会の公式文化プログラム。日本文化を国内外に発信するとともに、多くの人々の参加や交流を生み出すことや、文化・芸術活動を通して多くの人々が東京2020大会へ参加できる機会をつくり、大会に向けて期待感を高めることを目的としている。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!