新体操W杯タシケント大会、個人総合で喜田が10位、皆川 は11位

喜田は個人総合で10位、皆川 は11位(写真は世界選手権シュトゥットガルト大会の皆川)
喜田は個人総合で10位、皆川 は11位(写真は世界選手権シュトゥットガルト大会の皆川)喜田は個人総合で10位、皆川 は11位(写真は世界選手権シュトゥットガルト大会の皆川)

ウズベキスタンで開催されている新体操ワールドカップ(W杯)タシケント大会は、現地時間の4月20日に2日目を終えた。この日は、個人種目別予選では、クラブとリボンが行われた。団体種目別では「フープ3&クラブ2」が行われ、個人および団体それぞれの総合優勝が決まった。

日本勢では、個人総合で喜田純鈴(エンジェルRGカガワ日中)が4種目合計68.000点で10位、皆川 夏穂(イオンスポーツクラブ)は、合計66.600点の11位に終わった。

優勝は、4種目合計で78.100ポイントを獲得したロシアのアレクサンドラ・ソルダトワ。2位にはブルガリアのボリャナ・カレインの76.500点が続き、3位には75.500点を獲得したロシアのアナスタシア・グゼンコワが入った。

団体総合で優勝したロシアは、50.300点を獲得し、2位の開催国ウズベキスタン(44.300点)に大きく差をつけた。3位のウクライナは、42.600ポイントだった。なお、日本代表は、今大会の団体競技に参加していない。

3日目は、個人および団体の種目別決勝が行われる。

  • 新体操:レディー・ガガ - Americano | ミュージックマンデー

    新体操:レディー・ガガ - Americano | ミュージックマンデー

  • 新体操:ウィ・ウィル・ロック・ユー - クイーン | ミュージックマンデー

    新体操:ウィ・ウィル・ロック・ユー - クイーン | ミュージックマンデー

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!