日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」が2021年秋に開幕

日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」のロゴも発表された
日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」のロゴも発表された日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」のロゴも発表された

日本サッカー協会は3日、2021年秋に開幕する日本初の女子プロサッカーリーグの名称と概要を発表した。

新リーグの名称は「WEリーグ(Women Empowerment League)」。「女子サッカー・スポーツを通じて、夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する」ことを理念に掲げている。

WEリーグは、なでしこリーグの上位に位置する、日本女子サッカー最高峰のリーグとなる。参加クラブは6~10チームになる予定で、今年秋に発表される見通し。リーグは2021年秋に開幕し、ホーム&アウェイ方式による総当りリーグ戦で順位を決定する。

日本サッカー協会の田嶋幸三会長は、「女子プロリーグを核にして様々な雇用を生み出したり、人々の生き方の選択肢を広げたりすることによって、更なる女性の社会進出や持続可能な社会の実現に貢献していくことも目指しています」とプロリーグの目的について説明。「少女たちの夢となる女子プロサッカー選手という職業を確立していく同時に、女性活躍社会の推進や社会が抱える課題解決にも取り組んでまいります」と抱負を語った。

日本女子プロサッカーリーグ 概要

  • 名称:WEリーグ[うぃーりーぐ](Women Empowerment League)
  • 理念:女子サッカー・スポーツを通じて、夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・ 発展に貢献する。
  • ビジョン:1.世界一の女子サッカーを。2.世界一アクティブな女性コミュニティへ。3.世界一のリーグ価値を。
  • 期間:2021年秋開幕(シーズンは翌年5月ごろ終了)予定
  • チーム数:6~10チーム(予定) ※当面、降格は実施しない(昇格のみ)
  • フォーマット:ホーム&アウェイ方式による総当たりリーグ戦

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!