落選者限定、2020年東京五輪観戦チケットの追加抽選受付がいよいよスタート

文: 大石ななみ ·
8日から開始した2020年東京五輪観戦チケットの第一次追加抽選販売

8月8日未明から、「Tokyo 2020(東京五輪)」公式観戦チケットの第一次抽選・追加抽選販売が開始した。5月に行われた抽選に申し込んだものの、1枚も当選しなかった人を対象とするもので、前回申し込みをしなかった人、1枚でも当選した人、当選後に購入手続きをしなかった人は対象外となる。

今回の追加抽選では、25の競技・種目から1枠(セッション)のみ選択することが可能。前回同様、「第2希望選択サービス」や、希望の席種に落選した場合、一つ下の席種で再度抽選に参加できる「カスケードサービス」もあるが、最終的に当選できるのは1枠のみとなる。またシステム上、1枠を超えての申し込みもできてしまうが、1枠以上選択すると自動的に落選となってしまうので注意が必要だ。

選択できる競技のうち、メダル決定戦はサッカーの女子準決勝、フェンシング女子エペ団体決勝・3位決定戦などを含む27枠。また、1枠で複数の試合と式典を観戦することが可能な競技もある。例えば8月3日の19時からオリンピックスタジアムで行われる陸上競技の枠では、表彰式が3種目、予選1種目、女子200mと男子400mを含む準決勝が3種目、決勝が3種目行われる。

申し込み受付期間は8月19日11時59分まで。抽選結果の発表は9月11日を予定しており、登録したメールアドレスへの通知や、公式チケット販売サイトの「マイチケット」で確認できる。

追加抽選販売について