東京オリンピックのチケット抽選結果発表! 確認と購入の方法は?

五輪チケット1次追加抽選の結果が発表された。 確認、購入の方法と今後の販売について解説する
五輪チケット1次追加抽選の結果が発表された。 確認、購入の方法と今後の販売について解説する五輪チケット1次追加抽選の結果が発表された。 確認、購入の方法と今後の販売について解説する

9月11日、来年に迫ったTokyo 2020(東京五輪)「第1次抽選の追加抽選販売」チケットの抽選発表が行われた。今回の抽選に参加できたのは、5月9日から29日までに行われた「第1次抽選販売」で落選した人たち。全員が一度落選を経験していることもあり、SNSには「今度は当選した!」という喜びの投稿が目立つものの、「また落選した」という落胆の声も多い。しかし、まだ第2次抽選販売など、五輪チケットを獲得するチャンスは残されている。

■オリンピックチケットの抽選結果を確認する方法

チケットの当落選結果は、抽選申し込みに必要な「TOKYO 2020 ID」に登録したメールアドレスに届けられている。ただし、メールで分かるのは当選したか落選したかのみ。第1希望と第2希望のどちらが当選したのか、カスケードで当選したかなどの詳細は分からない。自分が当選したチケットを確認するには「公式販売サイト」にログインして「マイチケット」で確認する必要がある。

なお、公式販売サイトは海外からのアクセスをはじくように設定されている。旅行や出張などで、現在海外にいる人は、帰国後の確認となる。

■当選報告をした有名人

東京五輪のチケットは、競技関係者など一部の例外を除き、どんな著名人でも抽選に参加して当選する必要がある。そのためSNSを見ると、当選・落選の報告をしている著名人が見られる。

ホリプロアナウンス室所属の野口綾子さんは、見事に当選!ハッシュタグから察するに「女子サッカー」の試合が当選したようだ。野口さんは東京ヴェルディのイメージガールなどをされていたほか、芸能人フットサルチームでプレーした経験もあるので、なじみの競技に当選したことになる。

一方、サッカーリポーターとして知られる高木聖佳さんは落選。配偶者が松本山雅FC U-18の西ヶ谷隆之監督ということでも知られているので、もしサッカーに申し込まれていたのならば、ひときわ悔しいことだろう。

そのほか、Xリーグ(日本社会人アメリカンフットボールリーグ)パナソニックインパルスで、アスレティックトレーナーをしている宮川洋次朗さんが、「カヌー(スプリント)準決勝・決勝・表彰式」に当選したことを報告している。

■当選した場合の購入方法は?

チケットに当選した場合は、購入手続期間内に購入手続きを行う必要がある。これを済ませないと、当選したチケットの購入権利は無効となってしまう。購入手続きの手順は以下の通り。

  1. 東京2020公式チケット販売サイト内の「マイチケット」から当選内容を確認
  2. 東京2020チケット購入・利用規約に同意
  3. 当選されたチケットごとに来場予定者の氏名を登録
  4. チケットのタイプ(受取方法)の選択・配送先住所の入力
  5. 支払い方法の選択

デバイスごとの詳しい購入手続き手順はこちら。

ここでの注意点は、当選分の全額を一括で支払う必要があるということ。例えば、2席分当選したが1席のみを購入する、ということはできない。また、クレジット・デビット・プリペイドカードによる決済は「Visa」のみが利用できるという点も気を付けたい。特に30万円以上は現金決済を選択できないため、必ずVisaのカードが必要となるのだ。なお、コンビニエンスストアでの決済は現金のみ。現金決済を選んだ場合、コンビニエンスストア店頭では、Visaを含むクレジットカードによる決済が不可能となっている。

購入手続き期限:9月24日(火)23時59分まで

購入手続き期限を1秒でも過ぎた場合は、その時点で購入権利が無効になる。現金決済では、店舗の営業時間や混雑状況により、思うように購入手続きが行えない可能性があるため、余裕を持って決済することをお勧めする。

■落選の方もまだチャンスはあり。次のチケット販売のタイミングは?

東京五輪のチケット販売は、これまで「第1次抽選販売」と「第1次抽選の追加抽選販売」の2回が行われている。2回とも落選している、あるいは抽選期限までに申し込めなかった。それでも五輪生観戦を諦める必要はない。なぜならば、2020年秋に「第2次抽選販売」が行われるからだ。

気になる「第2次抽選販売」の開始日時だが、これは未定。東京五輪の公式サイトでも「2020年秋から」としか書かれていない。しかし、ある程度までは、絞ることが可能だ。まず「第1次抽選の追加抽選販売」の購入手続き期限である9月24日の後になると予想できる。そして日本の気象庁は「秋」を9~11月と定義している。そのため、10月か11月に行われると考えて間違いないはずだ。ちなみに「第1次抽選販売」の申込期間は5月9日開始で20日間、「第1次抽選の追加抽選販売」は8月8日から11日間だった。

いずれにせよ「第2次抽選販売」は、「第1次抽選販売」と「第1次抽選の追加抽選販売」に落選した人だけでなく、“幸運な”チケット当選者も、再び参加することが可能となっている。販売されるセッション・座種も「第1次抽選の追加抽選販売」以上になると予想されるため、過去最大級の争奪戦となるだろう。

なお「第2次抽選販売」で落選した場合でも、「2020年春期販売」や「公式リセール」など、ラストチャンスが残されている。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!