東京オリンピック自転車競技日本代表がブリヂストン製の自転車を採用

自転車トラック競技には日本発祥の競輪が存在する(写真はペルーの大会)
自転車トラック競技には日本発祥の競輪が存在する(写真はペルーの大会)自転車トラック競技には日本発祥の競輪が存在する(写真はペルーの大会)

ブリヂストンとブリヂストンサイクルが開発を進めているトラック用自転車が自転車競技トラック日本代表に正式採用されることが9月24日に発表された。

今回、正式採用されたトラック用自転車は、日本代表が出場する19-20年シーズン以降の各大会に使用される。

同社は、タイヤ解析技術やブリヂストンサイクルの競技用自転車開発のノウハウを活用して、この自転車を開発。今後は、TOKYO2020(東京オリンピック)に向けてさらなる開発を進めていく予定だ。

自転車競技トラック種目はチームスプリント、スプリント、競輪、チームパシュート、マディソン、オムニアムの計6種目で、それぞれ男子と女子に分かれている。また、自転車競技で唯一、トラック種目では日本に開催国枠が与えられていない。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!