東京マラソン:大迫傑が日本人トップの4位…日本記録更新で東京五輪に近づく

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大対策でエリートの部のみ実施
ガッツポーズでフィニッシュテープを切る大迫傑
ガッツポーズでフィニッシュテープを切る大迫傑ガッツポーズでフィニッシュテープを切る大迫傑

Tokyo2020(東京五輪)日本代表選考レース、MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジの男子第2戦を兼ねる東京マラソン2020が、3月1日に開催された。日本人最上位は大迫傑(ナイキ)の4位で、自身の持つ日本記録を更新する2時間5分29秒だった。

優勝は、エチオピアのビルハヌ・レゲセ。2時間4分15秒で大会連覇を達成した。女子の部は、イスラエルのロナー・チェムタイ・サルピーターが優勝。世界歴代6位に相当する2時間17分45秒の大会新記録となった。車いすの部、男子は鈴木朋樹(トヨタ自動車)が1時間21分50秒、女子は喜納翼(タイヤランド沖縄)が1時間40分0秒で、ともに初優勝。それぞれ大会新記録だった。

今回の東京マラソンは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を防止するため、一般の部の参加を中止。エリートの部のみの開催となっている。

■東京マラソン2020男子エリート結果

30キロ過ぎまで、日本人トップを走っていたのは井上大仁(MHPS)だったが、先頭集団から後れていた大迫が追いつくと、そのまま引き離し、日本人トップの4位でゴールした。井上は26位でフィニッシュ。

  1. ビルハヌ レゲセ(LEGESE Birhanu/エチオピア)2:04:15
  2. バシル アブディ(ABDI Bashir/ベルギー)2:04:49
  3. シサイ レマ(LEMMA Sisay/エチオピア)2:04:51
  4. 大迫 傑(OSAKO Suguru/ナイキ)2:05:29
  5. ビダン カロキ(KAROKI Bedan/横浜DeNA/ケニア)2:06:15
  6. エルハサン エルアバシ(EL ABBASSI El Hassan/バーレーン)2:06:22
  7. アセファ メングストゥ(MENGSTU Asefa/エチオピア)2:06:23
  8. 髙久 龍(TAKAKU Ryu/ヤクルト)2:06:45
  9. 上門大祐(UEKADO Daisuke/大塚製薬)2:06:54
  10. 定方俊樹(SADAKATA Toshiki/MHPS)2:07:05
  11. 木村 慎(KIMURA Shin/Honda)2:07:20
  12. 小椋裕介(OGURA Yusuke/ヤクルト)2:07:23
  13. 下田裕太(SHIMODA Yuta/GMOアスリーツ)2:07:27
  14. 菊地賢人(KIKUCHI Masato/コニカミノルタ)2:07:31
  15. 一色恭志(ISSHIKI Tadashi/GMOアスリーツ)2:07:39
  16. 設楽悠太(SHITARA Yuta/Honda)2:07:45
  17. サイモン カリウキ(SIMON Kariuki/戸上電機製作所/ケニア)2:07:56
  18. アモス キプルト(KIPRUTO Amos/ケニア)2:08:00
  19. ゲタネ モラ(MOLLA Getaneh/エチオピア)2:08:12
  20. 岡本直己(OKAMOTO Naoki/中国電力)2:08:37

■東京マラソン2020女子エリート結果

  1. ロナー チェムタイ サルピーター(CHEMTAI SALPETER Lonah/イスラエル)2:17:45
  2. ベルハネ ディババ(DIBABA Birhane/エチオピア)2:18:35
  3. ストゥメ アセファ ケベデ(ASEFA KEBEDE Sutume/エチオピア)2:20:30
  4. カプチッチ セリー チェピエゴ(CHEPYEGO KAPTICH Selly/ケニア)2:21:42
  5. ティギスト ギルマ(GIRMA Tigist/エチオピア)2:21:56
  6. アズメラ ゲブル(GEBRU Azmera/エチオピア)2:22:58
  7. センベレ テフェリ(TEFERI Senbere/エチオピア)2:25:22
  8. シタイエ エシェテ(ESHETE Shitaye/バーレーン)2:27:34
  9. シュレ デミセ(DEMISE Shure/エチオピア)2:27:42
  10. 山口 遥(AMAGUCHI Haruka/AC・KITA)2:30:31

■東京五輪マラソン日本代表(男子)最後の1枠は?

日本が持つ男子マラソンの出場枠は「3」。そのうち「2」は、2019年9月に開催されたMGCで決定。以下の2名が内定となった。

  1. 中村匠吾(富士通)
  2. 服部勇馬(トヨタ自動車)

残り1枠は「MGCファイナルチャレンジ」3レースで、設定記録(2時間5分49秒)を上回った選手の中で、最も記録の良かった選手が選出。設定記録を上回る選手が現れなかった場合、MGCで3位だった大迫が内定となる。ただし、東京マラソンでは大迫が設定記録を突破。3月8日のびわ湖毎日マラソンで、大迫が東京マラソン2020で記録した2時間5分29秒を上回る選手が現れなかった場合、大迫が内定となる。

  • 第73回福岡国際マラソン(2019年12月1日)/設定記録突破選手なし
  • 東京マラソン2020(2020年3月1日)/大迫傑(2時間5分29秒)
  • 第75回びわ湖毎日マラソン(2020年3月8日)

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!