東京マラソン2020、一般ランナーによる参加を中止…新型コロナウイルスの影響

3月1日に開催される東京マラソン2020を主催する東京マラソン財団は2月17日、公式サイトに「東京マラソン2020に参加予定のランナーの皆様へ」という記事を掲載。マラソンの「エリートレース」および「車いすエリートの部」のみを開催、一般ランナーによる参加を中止すると発表した。

新型コロナウイルスの影響により、東京マラソンの一般参加は中止に
新型コロナウイルスの影響により、東京マラソンの一般参加は中止に新型コロナウイルスの影響により、東京マラソンの一般参加は中止に

東京マラソン財団は、日本国内においても新型コロナウイルス(COVID-19)の感染。感染症対策などの準備を進めたものの、東京都内における複数の感染者が確認される中、多くの一般ランナーが参加する大会を実施することは困難との結論に達したと説明している。また東京マラソン2020に参加を予定していた方を対象に、以下の措置を行う。

  • 今回限りの措置として、翌年の東京マラソン2021に出走することを可能にする。ただし、東京マラソン2021にエントリーする場合には、別途参加料の入金が必要となる。
  • 募集要項のエントリー規約に基づき、東京マラソン2020の参加料およびチャリティ寄付金は返金しない。
  • 東京マラソン2020シグネチャーTシャツ購入者には、2020大会終了後Tシャツを発送する。

東京マラソン2021へのエントリースケジュールなどの詳細については、2020年4月1日以降、あらためて告知が行われる。

Tokyo 2020(東京五輪)の日本代表選考レース、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ男子第2戦を兼ねる、東京マラソン2020「エリートレース」に関する情報はこちら→東京マラソン招待選手一覧:東京五輪代表選考レースに大迫傑、設楽悠太らが出場

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!