東京五輪ボート、カヌー・スプリントの会場・海の森水上競技場が完成、式典には小池都知事らが出席

小池百合子都知事、福田康夫元首相らが完成披露式典に出席し、テープカットを行った
小池百合子都知事、福田康夫元首相らが完成披露式典に出席し、テープカットを行った小池百合子都知事、福田康夫元首相らが完成披露式典に出席し、テープカットを行った

2020年東京オリンピック・パラリンピックのボート、カヌー・スプリントの会場として東京都が新設した「海の森水上競技場」(東京都内臨海部)の完成披露式典が6月16日午前に行われ、小池百合子都知事ら関係者が参加。正式にオープンした。

「海の森水上競技場」は、東京湾の埋め立て地にある中央防波堤水路を利用した競技場となり、全長約2300メートル、幅約200メートルの国際基準の水上競技施設として完成した。港湾部から突き出た、風の影響を受けやすい立地のため、コースの両端に消波装置、周囲にも防風林などを設置している。

敷地中央の常設アリーナ席は約2000席。大会時は仮設席や立ち見席を含め、最大約1万6000人を収容することが可能だ。

海側から見た「海の森水上競技場」。ボート競技のデモンストレーションも行われた
海側から見た「海の森水上競技場」。ボート競技のデモンストレーションも行われた海側から見た「海の森水上競技場」。ボート競技のデモンストレーションも行われた

完成披露式典のなかで小池都知事は「アジア最高峰の水上競技場としていきたい」とし、行政としても今後に期待を寄せた。同席した国際ボート連盟のロラン会長は「五輪にふさわしい競技場だと確信している」と祝辞を述べている。

会場新設にあたっては、一時、既存の長沼ボート場(宮城県登米市)での開催が検討され、工事が中断したものの、各種コストカットにより建設費は308億円に圧縮され、完成に至った。

東京五輪後は国内外の大会や一般利用を計画しており、年間来場者数35万人が目標。施設内には団体で宿泊できる施設も併設し、競技者の合宿やイベントなどでの使用が可能となる。

常設アリーナ席は2000人収容。大会時はコース横に沿って最大16000人収容の席が設置される
常設アリーナ席は2000人収容。大会時はコース横に沿って最大16000人収容の席が設置される常設アリーナ席は2000人収容。大会時はコース横に沿って最大16000人収容の席が設置される

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!