東京五輪世代初瀬亮、期限付きでアビスパ福岡に加入「残留に向け、全力で頑張る」

東京オリンピックでの活躍が期待される初瀬(写真はG大阪時代)
東京オリンピックでの活躍が期待される初瀬(写真はG大阪時代)東京オリンピックでの活躍が期待される初瀬(写真はG大阪時代)

9月5日、初瀬亮がアビスパ福岡に育成型期限付き移籍することがヴィッセル神戸公式HP上で発表された。

初瀬は東京五輪世代の22歳。ジュニア時代はガンバ大阪に所属し、2019年からヴィッセル神戸に加入した。

今季は左SBとしてJ1リーグ公式戦に17試合出場したものの、DF酒井高徳が加わってからは試合に出場していなかった。

初瀬は「いつも応援してくださるヴィッセル神戸のファンの皆さまには感謝しております。たくましくなって帰ってきます。引き続き、応援よろしくお願いします」とコメントした。

また、アビスパ福岡公式HP上では「残留に向けて全力で頑張りますので宜しくお願いします」と抱負を語った。

育成型期限付き移籍は18歳から23歳の選手が所属クラブより下位カテゴリのチームに移籍する場合に限り、移籍期間外での移籍を認める制度。Jリーグの移籍期間は8月16日に閉まっているが、それに該当せずに移籍できるようになった形だ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!