締切まであと僅か! 東京五輪観戦チケット抽選販売申込が5月28日に終了

チケットの大半は抽選販売で発売とされる
東京五輪観戦チケット抽選販売申し込みは5月28日(火)/時事
東京五輪観戦チケット抽選販売申し込みは5月28日(火)/時事東京五輪観戦チケット抽選販売申し込みは5月28日(火)/時事

東京五輪の公式チケット抽選販売の申し込み締切まで、あと僅かとなった。

2020年の7月22日から8月9日に渡って開催される、東京オリンピックの公式観戦チケットの抽選販売申し込みの締切となる5月28日が迫っている。

締切後、6月20日に抽選結果の通知が行われ、各チケット当選者は、7月2日までに購入手続きを行う。申し込み開始日から数日は混雑からアクセスが不安定だったものの、現在はスムーズに行える。

ただし、締切となる5月28日(火)は駆け込み申請で再び混雑が予想されるため、早めの申請が推奨される。

抽選販売の申し込みには、事前に「TOKYO 2020 ID」のID登録が必須となるほか、当選したチケットは一括購入となるため、総購入金額には注意が必要だ。

チケット購入枚数にはいくつかの制限があり、ひとつのIDに対して、開閉会式は2枚、メダルがかかる試合は4枚、その他は6枚になる。最大申込数は第1希望30枚、第2希望30枚の計60枚。最大当選枚数は30枚で、期間内であればどの時点で申し込んでも当選確率は変化ないという。座席種は最大5種類で、もっとも高額な席は、開会式A席で30万円となっているが、多くの席が5,000~10,000円台で購入できる。

また、12歳以下、60歳以上、さらに障害者を含む家族やグループ(最大8人)向けに、1枚2,020円の「東京2020みんなで応援チケット」も用意されている。

観戦チケットは今回の抽選販売終了後も断続的に続き、今秋から冬にかけて先着順販売、来春には東京都内のチケット販売所で発売するという。海外在住者向けのチケットは、組織委が指定する各国の業者が販売することになる。

なお、東京五輪全体の観戦チケットの大半は今回の抽選販売で発売されるとされている。

東京オリンピック2020のチケット購入方法についての記事はこちら↓*
【東京オリンピック2020のチケット購入方法】まずはTOKYO 2020 IDに登録、抽選販売申請は5月9日から開始
*

  • 2020年東京オリンピックで追加実施される新競技と新種目!

    2020年東京オリンピックで追加実施される新競技と新種目!

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!