東京五輪・パラリンピックが1年程度延期へ|聖火リレーも延期

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
東京五輪・パラリンピックの正式な延期が決まった

3月24日22時前、東京オリンピック・パラリンピックの延期が正式に決まった。国際オリンピック委員会(IOC)トーマス・バッハ会長と、安倍晋三首相、小池百合子東京都知事、森喜朗東京2020組織委員会会長らが電話協議を行い、1年程度の延期で同意。IOCも公式に延期を伝えた。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、多くのスポーツイベントが中止・延期に追い込まれるなか、7月24日開幕予定だった東京オリンピック・パラリンピックにも大きな判断が迫られていた。電話協議のなかで安倍首相から1年程度の延期を提案し、バッハ会長から「100%の同意」を得たと話した。

選手、そしてすべての国際スポーツ組織に関係する人々の健康を守るための延期となり、開催時期については遅くとも2021年夏までに行うとした。大会名については「Tokyo 2020」のままになるとした。電話協議後に行われる緊急理事会での承認を得て正式延期決定となる。

また、3月20日に日本に到着した聖火はそのまま日本国内に留まることも合わせて同意。同26日に開始予定だった聖火リレーはスタートせず、本大会日程の決定に合わせ、新たにリレーの日程も決め直すことになった。