東京2020ライブサイト えんてつホールを加えた30会場での開催が決定

開催まで1年を切ったTOKYO2020
開催まで1年を切ったTOKYO2020開催まで1年を切ったTOKYO2020

8月19日、TOKYO2020(以下、東京五輪)公式HP上で「東京2020ライブサイト」に静岡県浜松市のえんてつホールが追加されたことが発表された。これで、全30会場が確定し、1都8道県での実施が決まった。

「東京2020ライブサイト」とは東京五輪の期間中、競技会場外で誰もが大型スクリーンを利用して競技中継を観戦できる会場のこと。そこでは、競技中継に加えて競技体験、文化発信、様々なイベントなどを通じ、チケットがなくとも、東京五輪の臨場感などを味わうこともできる。

これまで、札幌市の大通公園2丁目や埼玉県のソニックシティ、東京都の池袋西口公園などで開催されることが発表されていた。

また、ライブサイトのオリジナルロゴも発表。3色の四角形を用いたデザインとなっている。

TOKYO2020ライブサイトのロゴ ⒸTokyo 2020
TOKYO2020ライブサイトのロゴ ⒸTokyo 2020TOKYO2020ライブサイトのロゴ ⒸTokyo 2020

今後は、会場を彩る装飾デザインを開発し、ライブサイトで東京五輪の雰囲気や緊張感を感じられるよう、組織委員会と各実施自治体がともに計画を立てる予定だ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!