柔道グランドスラム・バクー大会開幕。初日は、女子の志々目と芳田が銀メダル

女子57キロ級の吉田(写真)、同52キロ級の志々目が銀メダルを獲得(写真は全日本選手権)
女子57キロ級の吉田(写真)、同52キロ級の志々目が銀メダルを獲得(写真は全日本選手権)女子57キロ級の吉田(写真)、同52キロ級の志々目が銀メダルを獲得(写真は全日本選手権)

現地時間の5月10日、アゼルバイジャンのバクーで柔道グランドスラムが開幕した。初日は、女子3種目(48キロ級、52キロ級、57キロ級)と男子2種目(60キロ級、66キロ級)が行われた。

日本勢で出場したのは、女子48キロ級の近藤亜美(三井住友海上火災保険)、同52キロ級の志々目愛(了徳寺大学職員)、そして同57キロ級の芳田司(コマツ)の3人。志々目と芳田が銀メダルを獲得した。

女子52キロ級で世界ランク5位の志々目は、決勝で世界ランク1位のアマンディール・ブシャール(フランス)に敗れて準優勝。2大会連続優勝はならなかった。志々目は、2015年2月の欧州オープンで5位に終わって以来、これまで参加した17の国際大会の参加し、全17大会連続でメダルを獲得している。

女子57キロ級で世界ランク1位の吉田は、決勝で世界ランク7位のラファエラ・シルバ(ブラジル)と対戦し、敗れて2位。国際大会3大会連続の優勝とはならなかった。

女子48キロ級で世界ランク5位の近藤は、1回戦シードで2回戦からトーナメントに出場。2回戦でブラジルの世界ランク26位ガブリエラ・チバナに敗れた。近藤は、今年2月の柔道グランプリ・パリ大会では優勝しており、番狂わせとなった。

2日目の5月11日には、女子2種目(63キロ級、70キロ級)と男子2種目(73キロ級、81キロ級)が行われる。

5月11日の出場選手一覧:

女子63キロ級|田代未来(コマツ)

女子70キロ級|新井千鶴(三井住友海上火災保険)

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!