柔道

【柔道】国際柔道連盟、東京五輪の代表選考の最終期限日を発表

文: 鈴木花 ·
延期された東京五輪の予選について公式声明を発表したビゼール会長(左)(写真はリオ五輪)

4月3日、国際柔道連盟(IJF)は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、2021年に延長されたTokyo2020(東京五輪)の予選の最終期限日および中断期間を発表した。予選の対象となる世界ランキングポイントが換算される大会は、最長で来年2021年の6月29日まで行われる。また、中断期間は最低でも今年の6月30日まで。状況に応じて、スケジュールは後日発表される。

同連盟のマリウス・ビザール会長は、同連盟公式サイト上で声明を発表。「選手および全関係者の安全と健康」に対する責任と、「全ての国に、制限がかからないような公平な運営」を確保することを目的に、日程の見直す旨を伝えた。

また、『カタール選手権』が、東京五輪の出場のための世界ランキングポイントが換算される大会のひとつであることも、明言された。日程は、後日発表される。

同会長は、「この不測の事態のなか、あなたがたの理解と忍耐に感謝したい」と声明を結んだ。

【東京オリンピック出場枠争い】柔道:日本勢は開催国枠として男女7人ずつ出場可能...男子66KG級以外の13階級で決定